タグ:マンデリン ( 14 ) タグの人気記事

(●^o^●)今夜はネルドリップでマンデリンを淹れてみましょう

(●^o^●)今夜はネルドリップでマンデリンを淹れました。
マンデリンの特徴は、その豆本来が持っている苦みが最大の特徴ですね。
コーヒーの豊潤な香りの奥に苦みとまろやかな甘味…。
マンデリンはやみつきになられる方が多いコーヒーでもありますね。
まずは焙煎なのですが、これはいつも私が100%信頼をおいています珈琲屋さんの豆ですのでマンデリンの特徴を問題なく引き出せるコーヒー豆を使用します。
抽出技術は大変重要なのですが、やはりその大前提には素晴らしい焙煎をされた珈琲豆を使用することが大切ですね。
この点、私は恵まれていると思います(^_-)-☆
d0125059_19431620.jpg
ご覧のように深煎りの豆ではないのがおわかりになるかと思います。
苦味には深煎りによって苦味を演出する場合と豆本来の苦味を抽出する方法の二通りがありますね。
マンデリンの特徴をこのコーヒー豆を使用して抽出しましょう。
今日は豆本来の苦味を抽出します。
それと、マンデリンの大きな特徴のコーヒーのコクを抽出します。
それは、コーヒーオイルのコクを程よく抽出するために、今日はペーパーではなくてネルドリップで抽出してみようと思います。

旨味とコク…両方を一度に抽出しますので、マンデリンを美味しくいただく際に私が一番美味しいと思う抽出方法を今日は紹介したいと思います。
題して…『ネルドリップを松屋式で淹れましょう!』です!
私のブログを見ていただいている方は松屋式をご理解いただいていると思いますが、ペーパーと金枠の代わりにネルを使用するということです。
d0125059_19495656.jpg
この方法で淹れますと、クリアーな旨味と豊潤な香りが味わえるコーヒーなのに、コクが抽出されるという、通常のネルドリップよりは若干時間が2分半程長くかかりますが、美味しいコーヒーが入りますので、是お試しあれです!\(^o^)/
d0125059_19583715.jpg
松屋式+ネルドリップで抽出しますので、コーヒーの挽き目はこれくらい粗く挽いた豆を使用します。
今日はいつも通り珈琲サイフォン株式会社製の手挽き式のコーヒーミルを使用しました。
このコーヒーミルは挽いた後に素晴らしいコーヒーの香りが部屋中に広がってくれます。
今日はミルの話はおいといて…
挽き終わりましたら、ネルの中に挽いたコーヒーを入れます。
それでは、抽出作業に入っていきましょう!
d0125059_2034924.jpg
1回目の差し湯です。ネルドリップの場合は松屋式の円錐状のペーパーを使用するのではありませんので、中央付近に細く差し湯するのではなく、細く細く円を描きながら中央付近から外側に向かって差し湯をしていきます。そして、外側から中央へと差し湯を続けます。
サーバーにポタポタ落ちだしましたら差し湯を止めて蒸らしに入ります。
蓋をして3分間蒸らします。このあたりが少し松屋式とは異なるところですね。
d0125059_208345.jpg
3分間の蒸らしが終了しました。
豊潤な香りが部屋にまたまた広がります。
一粒一粒がしっかりと吸水されて膨らんでいるのがよくお分かりになるかと思います。
さあ、それでは抽出して行きましょう!
抽出方法もいつもの松屋式とは少し異なります。
外側だけに差し湯を続け、ポタポタ抽出するのを待つのではなく、外側から中央に向かって細く丁寧に差し湯をしていきます。そして、中央から外側に…。
続けて抽出して行きます。
ポタポタ落ちるのを待つことなく連続して差し湯をしていきます。
円錐状のペーパーと金枠を使用するのではありませんので、このように円を描きながら抽出して行きます。
このあたりも松屋式とは少し異なりますね。
d0125059_20154028.jpg
既定の量の半分まで抽出しましたら差し湯をやめて、サーバーからネルを下ろします。
KONOという文字の下あたりがだいたいコーヒーカップ1杯分になります。
今日はマグカップ1杯分(コーヒーカップ2杯分)を抽出しますのでコーヒーカップ約1杯分で抽出をやめますね。
そして、既定の量までお湯を足します。写真ではわかりやすいように白い線を引きました。
このあたりがコーヒーカップ2杯分のあたりになります。
d0125059_20452096.jpg
さあ、珈琲が入りました。
豊潤な香りの奥に、マンデリン本来の持つ苦味と、まろやかな甘み…
松屋式風で抽出していますので雑味を抽出していませんのでクリアーな味…。
そして、コーヒーオイルのコク…
マンデリンはこの方法で淹れるのが、私のもつマンデリンのイメージで抽出できそうな気がするのです。

心穏やかな気持ちにさせてくれる珈琲…
ホッと心が落ち着くひと時です…
さあ、仕事の続きをします!
実はこのブログを書いている時は幼稚園の先生が来られて仕事を一緒にしている最中です。
がんばらなくっちゃ!\(^o^)/もうすぐ卒園式ですからね!
[PR]

by yasunori1113 | 2008-03-14 21:04 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。
本当はブログ更新したいのですが…
睡魔が襲ってきました…
おやすみなさい…
写真だけアップします…
ブログをご覧になられた方…ごめんなさい…
d0125059_23111780.jpg
d0125059_23113097.jpg
d0125059_2311438.jpg
d0125059_23115455.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-27 23:12 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝のコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今朝のコーヒーもまたマンデリンです。
昨夜もマンデリンでしたが今朝もまたマンデリンにしました。
寒い朝には温かい珈琲…ホッとするひと時です。
今朝はフジローヤルのR-440で珈琲豆を挽きました。
d0125059_8572255.jpg
このコーヒーミルの特徴は、均一にきれいに挽けるところが他の機械式のミルより優れているところかと思います。
d0125059_90853.jpg
松屋式で淹れる場合はこれくらい粗く珈琲豆を挽きます。
ですから、コーヒーミルの性能も大切な要素なのですね。
d0125059_91691.jpg
さあ、それでは1回目の差し湯をします。中央のくぼみをつけたところに、細く細く丁寧に差し湯をしていきます。
下からぽらぽた落ちだしましたら外側に向かって円を描きながら細く差し湯していきます。
外側まで差し湯ができましたら、蓋をして3分間蒸らしましょう。
差し湯はとてもデリケートなものです…。
もし、サーバーにたくさんのコーヒー液が落ちてしまった場合は、思い切ってサーバーのコーヒー液を捨ててくださいね。捨てましてもサーバーを洗わなくてもいいですからね。すぐに金枠を戻してくださいね。
ここで下に落ちたコーヒー液は旨味成分をほとんど含んでいない、コーヒー粉の表面をお湯が通った際に色が付いて落ちたコーヒー液です。
捨てる前にどのようなものか、別の容器にとっておいて、あとで試飲されるのも面白いかもしれませんね。
d0125059_953750.jpg
さあ、3分間の蒸らしが完了しました。蒸らし前と蒸らし後ではこれだけコーヒーの表情が変わってきます。
お湯がしっかりと吸水されたコーヒー粉は比重が重くなっておりますので、この後の抽出の際に浮いてきません。コーヒーの粉の中から炭酸ガスが排出されていますので浮かび上がることもありません。
さあ、それでは抽出を開始しましょう。
今度は1回目の差し湯とは反対に、外側から円を描くきながら丁寧に細く細く差し湯していきます。
そして、下からポタポタ落ちだしたら中央に向かって円を描きながら丁寧に細く差し湯していきます。
そして、中央から外へ…外から中央へと既定の量の半分になるまで抽出を続けます。
既定の量の半分まで抽出しましたらサーバーから金枠とフィルターを外します。
d0125059_99574.jpg
既定の量の半分までしか抽出しないのがこの松屋式の特徴なのです。
今日はマグカップ1杯分の抽出をしています。
コーヒーカップに換算すると2杯分になります。
写真でいいますと、「KONO」という文字が書かれている所から1mm下あたりがちょうどコーヒーカップ1杯分になります。
上に白い線を引きましたが、そこが2杯分になります。
文字の下までを抽出でコーヒー液を出します。そして、白いラインまでお湯を足します。
これが松屋式の特徴ですね。
「KONO」のサーバーは、慣れるととても淹れやすいですが、一般には「カリタ」のサーバーが小さな目盛りも書かれていますので淹れやすいかもしれませんね。
d0125059_916471.jpg
(●^o^●)はい完成です。
昨夜のブログでも書きましたが、このマンデリンは蒸らしから抽出…そして、味わっている間にコーヒーをイメージしやすい豊かな香りがいつまでも続きます。
そして、その豊潤な香りの奥に苦みとコク…ほんのり酸味が見えてくるので本当に楽しいコーヒーです。
今日もお仕事がお休みです。
のんびりとした1日を過ごせそうです。
今日はこれからどこかに出かけようっと\(^o^)/

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-25 09:27 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。
娘がカフェオレで、私はブラックでいただきました。
マンデリンは豆本来の持つ苦みとコクがたまらなく美味しく感じるコーヒーです。
d0125059_238678.jpg
特にこのマンデリンは、挽く前や挽いた後の香りは他の豊潤な香りのコーヒーたちには劣るのですが、実は松屋式で抽出すると、なんと口の中にいっぱいにコーヒーの豊潤な香りが広がるのです…。
そして、その香りの奥には嫌みのない苦みを感じることができるのです。
これこそ、マンデリンのだいご味ですね。
今日は娘のカフェオレは半量を温めた牛乳にしております。
最高に贅沢なカフェオレです。
エスプレッソに劣らないカフェオレの淹れ方です。
今日も抽出の仕方はお休みいたしますね。
味しいカフェオレの淹れ方はリンクページで別の日のブログをご覧くださいね。
それでは、おやすみなさい…。
d0125059_238482.jpg
d0125059_2385779.jpg
d0125059_239534.jpg
d0125059_2391445.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-24 23:30 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはマンデリンです

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはマンデリンです。
今朝は小学校まで子どもたちを送っていく当番の日でしたので、朝からいい運動ができました。
通学路の水たまりは凍りついて子どもたちは割りながら進んでいきます。
今も昔も子どものすることは同じですね。
冷え切った体を温かいコーヒーで温めることにします。
わが家にあるコーヒーの在庫がこのマンデリンで最後です。
心をこめていただきます。
d0125059_8493263.jpg
今朝も珈琲サイフォン株式会社製の手動式で淹れました。
手動式のミルでコーヒーを挽く時が、コーヒーが何よりいい香りがします。
さあ、1回目の差し湯をしましょう。
d0125059_8513930.jpg
いつも通り丁寧に丁寧に差し湯をします。
d0125059_8522551.jpg
1回目の差し湯が終わり蓋を閉じて3分間蒸らしが終わりました。
d0125059_8525687.jpg
とてもいい香りのコーヒーが入りました。
マンデリンは豆本来に豊かな香りとコク苦味を兼ね備えたコーヒーです。
このコーヒーが好きになるとやみつきになるとよく言われます。
焙煎も抽出も上手なマンデリンは本当においしいコーヒーです。
今からお仕事なので抽出などもっと詳しく書けなくて残念…
他の日のブログを見てほしいな…

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-06 08:57 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはマンデリンです。
今日はお仕事が夕方からだけですので、AMラジオを聴きながら、朝からのんびりとすごしています。
ブログの更新をしようと思ったら、なかなかマイブログにつながらなかったので、コーヒーを飲みながら気長につながるのを待っていました。
ということで、今朝はマンデリンです。
豆本来が持つコクと苦みが特徴のコーヒーですね。
d0125059_11135715.jpg
今日も珈琲サイフォン株式会社製(KONO製)の手動式コーヒーミルでのんびりと手挽きしました。
ゴリゴリゴリゴリ…とってもいい香り。
コーヒーの良い香りはやはりこの挽きたての香りが一番ですね。
特にミルから取り出してすぐの香りが何より素晴らしい香りがします。
手挽きは機械式よりこの点で素晴らしいですね。さあ、1回目の差し湯をしましょう。
d0125059_11165414.jpg
今朝は20gのコーヒー豆を使用しました。いつもの2/3の量ですね。
丁寧に丁寧に…細く細く差し湯していきます。
窪みをつけた中央付近にお湯を差します。
ぽたぽた…ぽたぽた…中央付近から落ちだしたら、外側に向かって円を描きながら差し湯していきます。
そして、蓋をして3分間蒸らします。
今日も松屋式で淹れています。
d0125059_11195526.jpg
3分間経ちました。一粒一粒しっかりと吸水されて膨らんでいます。
さあ、抽出しましょう。今日は20gですので100ml抽出します。
出来上がりのコーヒーは200mlになりますね。
今度は外側から丁寧に丁寧に…細く細く…差し湯いたします。
下からぽたぽた落ちだしたら、中央に向かって円を描きながら、丁寧に丁寧に細く細く差し湯していきます。
そして、既定の量の半分になるまで(今日は100mlですね)円を描きながら往復します。
既定の量の半分まで抽出できましたら、サーバーから金枠をおろします。
そして、既定の量になるまで(今日は200mlですね)お湯を足します。
d0125059_11254616.jpg
はい!できました!
コクといやみのない苦みが特徴であるマンデリン。
しっかりと旨味が抽出されています。
上手に焙煎され、上手に抽出されたマンデリンは、コーヒー好きの方にとってはたまらない珈琲でしょう。
今日もおいしいコーヒーが入りました。
さあ、昨日の大雪の中、楽しかったことを続いてブログにこうしようっと!
\(^o^)/

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-04 12:16 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日のコーヒーはマンデリンでした…。

今日のコーヒーはマンデリンでした。
朝飲んだコーヒーのブログを更新できず、寝る前の更新です。
最近ちょっとお疲れ気味です…(+_+)
何とかあと少し踏ん張らなくっちゃ…
今日は写真だけのブログアップですが、本当においしく淹れれました。
いつもながら焙煎職人さんの腕の良さと、私の抽出技術の良さは素晴らしい!
\(^o^)/自画自賛です!
それでは写真のみのアップです。今日はR-440で豆を挽きました。
おやすみなさい…(-。-)y-゜゜゜
d0125059_23512577.jpg
d0125059_23513476.jpg
d0125059_23514259.jpg
d0125059_2351496.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2007-12-28 23:52 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)美味しコーヒー…丁寧に淹れたマンデリンは格別…

今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。
今日はとっても丁寧にコーヒーを淹れました。
娘が隣でずっと見ているからです…。
人に見られるのって、何だかちょっぴり緊張しませんか…?
娘であっても、これは手を抜けないとばかりに丁寧に淹れました。
d0125059_12151769.jpg
今日もマグカップ1杯分のコーヒー豆を珈琲サイフォン株式会社製の手動式ミルでゴリゴリと挽きました。
とってもいい香り…(●^o^●)
この挽きたての香りが大好きです。さあ、1回目の差し湯です。ここをとっても丁寧にいたしました。娘が見ているからです…(^_^;)
d0125059_12171264.jpg
さあ、差し湯をいつも以上に丁寧に差しました。娘へのレッスンのつもりですね。
何事も基本が大切です!(えへへ!えらそ~~~に!)
さあ、丁寧に差し湯ができましたら蓋をして3分間の蒸らしです。ここからが至福の時です。
豊潤ないい香りが部屋の中を一杯に包みます。
d0125059_12193598.jpg
一粒一粒がしっかりと吸水されてよく膨らんでいますね。旨味成分をしっかりと抽出できる準備が整いました!
さぁ、抽出開始です。ここでも娘が横で見ているのいつも以上に丁寧に差し湯し抽出していきます。
まあ、ここでも娘へのレッスンのつもりですね!何事も基本が大切です!(えへへ!またまた、えらそ~~~に!)
d0125059_12225883.jpg

抽出が完了しました。
はい!とっても今日は丁寧に淹れましたから、いつもおいしいのですが、より美味しく感じますね!
マンデリンのこの深いコク…。そして、コクの奥にある苦みと甘味…。そして、この豊かな香り…。焙煎も100点なら抽出も100点ですね。
やっぱり、この1杯のぜいたくはやめられません…。

[PR]

by yasunori1113 | 2007-12-19 12:27 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはマンデリンです。
このコーヒーはコーヒーらしい苦味とコクを豆本来に備えたコーヒーですね。
マンデリンは焙煎いかんによっては、ただ単に苦味だけのある珈琲になってしまったりする場合があります。
さて、私のコーヒーは私の口には一番合った焙煎がされているマンデリンです。
コクと苦味…。しかしこの苦味は甘味の中にある苦味…表現難しいですね。
とにかくコーヒーの風味の中の、甘味の後に苦味が来るといった感じのコーヒーです。
d0125059_15242241.jpg
今日も手動のコーヒーミルにて挽きました。珈琲サイフォン株式会社製の長年愛用しているコーヒーミルです。
d0125059_15252444.jpg
いつも通り、松屋式で淹れていきます。1回目の差し湯をしました。
こんもりと中央付近から膨らんできます。そして、細く細く外へ円を描きながら差し湯していきます。ふたをして3分間蒸らします。
d0125059_15263871.jpg
コーヒーを蒸らしている間の時間はコーヒーの香りが部屋いっぱいに勢いよく広がっていく至福の時ですね。
今日も一粒一粒しっかりと吸水してくれました。
d0125059_15274633.jpg
マグカップいっぱいに美味しいコーヒーが入りました。
私は大きなマグカップいっぱいにいつもおいしいコーヒーを飲みます。
ちょっとぜいたくなのですが、他に贅沢をしているわけではありませんので、これくらいいですよね!(^_-)-☆

[PR]

by yasunori1113 | 2007-12-14 15:35 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の珈琲はマンデリンベースのブレンドです。

(●^o^●)今日の珈琲はマンデリンベースのブレンドです。
というより、マンデリンが25gしかなかったので、残りの5gをモカをブレンドしたという、仕方なしブレンドです。
もちろん、モカを選んだのは豊潤な香りと甘味を、マンデリンの豆本来の持つコクと苦みにブレンドした時の味が一番マッチすると考えたからです。
d0125059_17571489.jpg

今日は娘が手動式のミルで挽いてくれました。
差し湯以降はいつもと同じ淹れ方です。
もちろん美味しく入りました!
今日はこれからまだ来客があります。
もうひと踏ん張りお仕事がんばりますね!(^_-)-☆
d0125059_17584957.jpg
d0125059_1759652.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2007-11-01 17:59 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)