人気ブログランキング |

タグ:キトラ古墳 ( 1 ) タグの人気記事

(●^o^●)飛鳥資料館『キトラ古墳壁画 青龍・白虎』特別公開

(●^o^●)昨夜まで降り続いた雨は朝早くに上がり、今日は中間テストのためクラブがおやすみの息子と二人で、奈良県明日香村にあります飛鳥資料館で催されています『キトラ古墳壁画 青龍・白虎』特別公開に」いってまいりました。
d0125059_14152249.jpg
お昼からは雨が降るかもしれないので朝一番の開館に合わせて行ってまいりました。
緑の芝で覆われ、たいへん爽やかな飛鳥資料館…。
スタッフの方々が朝早くから来館者の方を大変丁寧に御誘導されています。その誘導に従い、早速資料館の中へ入りました。後援の朝日新聞社の方から資料を頂き、少しの時間ならんでいる間にその資料に目を通しました。12ページの冊子なのですが、大変わかりやすく短時間でキトラ古墳のことを理解できるように構成されていたので、『白虎と青龍』を観るまでの間にキトラ古墳の内容を理解することができました。
大変行き届いたご配慮に感謝いたします。
d0125059_14241760.jpg
≪朝日新聞社の資料より≫
『青龍』です。
『青龍』は胴体の大部分が泥に覆われていたため、顔の一部と前脚の一部、赤い舌のみが目視できるような感じです。
泥だらけの『青龍』をここまで綺麗にし、公開するまでに5年の歳月がかかったということが、どれだけ大変な作業だったと言うことが伺えました。
d0125059_1428612.jpg
≪朝日新聞社の資料より≫
『白虎』です。
『白虎』は2006年に一番最初に公開されたキトラ古墳の壁画です。ちょうど3年前に娘とこの『白虎』を見て感動したのを覚えています。竜のような形をした『白虎』は神話の世界にでも出てきそうな姿をしていました。

(余談ですが、私の生まれ故郷の宝塚にありました、宝塚ファミリーランドには本物の『白虎』ホワイトタイガーがいました。今は閉園してなくなってしまいましたが、その時も感動したものでした)

常設展示を観て、館内からお庭に出ました。
そのお庭に出てすぐのところで、500円で古代の衣装の着付けをしてくださり、写真を撮ってキーホルダーにまでしてくださる催しをされていました。
地元明日香村の劇団の女性に着付けをしてもらい、私と息子も思い出のキーホルダーを作っていただきました。
d0125059_14401236.jpg
息子もこのようになりきっています。私も本当に楽しかったです(^_^)v
たったワンコインでこれだけの思い出作りをしていただけるなんて本当に幸せです。
皆さんありがとうございました。
d0125059_1447641.jpg
飛鳥資料館を後にして、飛鳥資料館から歩いてすぐにあります『山田寺跡』にもまいりました。
d0125059_14485242.jpg
この『山田寺跡』の広大な敷地には過去に大伽藍が存在し、華やかな文明文化がひらかれていたのでしょう…。
あまりの雄大さに想像すると楽しくて仕方がありません。
奈良県内には、このような大伽藍が過去に点在し、栄華極まっていたことでしょう。
そのほとんどが土の下で歴史を終わらせていると思うと、それもまた歴史の尊さを感じずにはいられません…。
d0125059_14541344.jpg
飛鳥資料館は見事な新緑に覆われていました。桜の木にはさくらんぼが鈴生りになっていました。
ゆっくりと…急がずに、1ヶ所でゆっくりと歴史の風に吹かれるのも良いものですね…。
また機会があればゆっくりと散策してみたいと思いました。
by yasunori1113 | 2009-05-17 15:00 | ☆ おさんぽと旅 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る