人気ブログランキング |

タグ:ガテマラ ( 18 ) タグの人気記事

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです。
昨日はモカをネルで、今日は松屋式で淹れました。
d0125059_11234328.jpg
今朝は電動のコーヒーミルを分解清掃しましたので、試運転もかねて、電動のコーヒーミルで挽くことにしました。
このコーヒーミルは富士ローヤル株式会社製のR-440という機種になります。
電動式のコーヒーミルの中でもとても挽き目がきれいですのでお気に入りのミルになります。
d0125059_11261593.jpg
松屋式で今日は淹れますので超粗挽きで挽きました。
写真のように挽き目がとてもきれいですね。
メンテナンスも無事に終了した証でもありますね。
それでは差し湯をしていきます。
d0125059_11275086.jpg
松屋式ですので中央に窪みをつけて、その中央部分に細く細く…丁寧に丁寧に差し湯をしていきます。
サーバーの中にポタポタ落ちだしましたら外側に向かって円を描きながら差し湯を丁寧に行います。
外側まで差し湯が完了しましたら蓋をして3分間蒸らします。
これが松屋式の特徴ですね。
d0125059_11303265.jpg
私は蓋はこんな可愛い蓋を使用していますよ。
お好みの蓋で楽しみたいですね!
d0125059_11311892.jpg
3分間の蒸らしが完了しました。
一粒一粒がしっかりと吸水されてふっくらと膨らんでいます。
旨み成分のみをこれからしっかりと抽出していきましょう。
今度は外側から円を描き、細く丁寧に差し湯をします。ぽたぽたサーバーの中に落ちだしましたら中央に向かって円を描きながら差し湯を続けます。
外から内へ…内から外へ…
細く細く…丁寧に差し湯を行います。
規定量の半分まで抽出しましたら(1杯分なら1/2杯まで抽出)サーバーから金枠(ペーパー)をはずします。
規定の量の半分までの抽出で最高の旨み成分のみを抽出することができます。
残りの半分は雑味が入りますので捨ててしまいます。
もったいないと思った時は別容器に抽出して美味しいコーヒーと比較してみましょう。
雑味を感じることが出来ると思います。
残り半分にはお湯を足します。濃いコーヒー液が抽出されるのでそのままでは濃すぎます。
カフェオレの場合はお湯のかわりに温かい牛乳を入れてください。
d0125059_11375237.jpg
今日も美味しいコーヒーが入りました。
ガテマラはとても香り高く、程よい甘みと酸味を併せ持ったすっきりとした味わいのコーヒーです。
松屋式で淹れると、オイルのコクは抽出できませんが、ガテマラの持つ旨みの成分はほとんど抽出して楽しむことが出来ると思います。
今日は連休初日ですね。
息子は野球の試合に朝から遠くまで出かけています。
娘はメイちゃんと遊んだ後は勉強頑張っているようです。
私はいつものんびりです。
そろそろお昼ごはんの支度をしようかな…(●^o^●)
by yasunori1113 | 2008-11-01 11:44 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはスペシャリティのガテマラです。

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはスペシャリティのガテマラです。
スペシャリティというと、とても高級なイメージを持たれる方もおられるかと思いますが、簡単に要約すると、生産者から焙煎者までの流通ルートがしっかりと把握できているコーヒーのことをいいます。
生産者がどのような状態・状況でコーヒーの栽培を行っているかということを把握することができることにより、最終的には消費者にとって安心をもたらすものであるということになります。
生産者(労働者)にとっても不当に劣悪な労働を強いられることを無くす目的もあり、コーヒー栽培に誇りを持って行うことができるという二つの大きな良い状況をスペシャリテイは生み出しています。
しかし、最終的にどんなに良い環境で育てられたコーヒーであっても、焙煎者の技術と、抽出する者の技術が良くないとどうしようもないところがあるのです。
実際、スペシャリテイをスペシャリテイらしく焙煎・抽出までされる方はなかなかおられません。
スペシャリテイの持ち味を最高に焙煎される職人さんのコーヒーを最高の抽出で頂きたいものですね。
d0125059_9154954.jpg
さあ、今日はその最高のスペシャリテイのガテマラをいただきました。
抽出は私です(^^)v
d0125059_918827.jpg
珈琲サイフォン株式会社製の手動式のコーヒーミルでのんびりと挽きました。このコーヒーミルもずいぶん長い期間、大切に使用してきました。良い道具は大切に使用すると一生使用できるものですね。
d0125059_1429151.jpg
今日も松屋式で淹れていきましょう。松屋式の場合は使用する器具が少々違いますが抽出の基本となるポイントを押さえれば、他の器具をご使用されても近い味を抽出することができますので是非チャレンジして欲しいです。
珈琲豆を超粗挽きで挽きます。ここがまず第一のポイントですね。細挽きだと松屋式独得なクリアーなコーヒーを引き出しにくいのでコーヒー豆は超粗挽きで挽いてもらってくださいね。
挽いたコーヒーは中央に軽く窪みをつけます。
d0125059_14294937.jpg
松屋式のペーパーは三角錐の形をしています。そして、金枠を使用しているためきれいな窪みが出来上がります。
カリタ式やそのほかの場合も工夫して窪みの形状をつけてみてください。
ここで色々工夫することが楽しいですね。(^◇^)
d0125059_9292025.jpg
さあ、それでは差し湯をしていきましょう。
お湯はできる限り浄水器を通した水を沸騰させていただきたいです。なければ、ちょっぴり贅沢して国産の美味しい水を使っちゃいましょう!ボルビックでもいいですよ。
窪みをつけた中央部分に、細く…細く…丁寧にゆっくりと差し湯をしていきます。
とにかく細く…丁寧に…初めは難しいですががんばりましょう!
サーバーの中にぽたぽたとコーヒー液が落ちてきましたら、外側に向かって細く…丁寧に…差し湯をします…。
この細く…丁寧に…というのが松屋式の第2にポイントになりますね。
d0125059_17123867.jpg
外側まで差し湯が終わりましたら蓋をして3分間蒸らします。
この蒸らし時間の3分間という長さが松屋式の第3のポイントになります。3分間の蒸らし時間というのはコーヒーの粉、一粒一粒にしっかりと吸水させ、この後の抽出の時にコーヒーの旨味成分のみを抽出するために、非常に重要な時間なのですね。
細挽きのコーヒー豆はその細かさから吸水時間が当然短縮されますね。しかし、この後の抽出の際に、旨味成分と雑味の成分をその細かさから同時に抽出してしまうというマイナス面を持っています。
松屋式の場合、その雑味を抽出しないために超粗挽きで、蒸らし時間3分という時間にこだわるのですね。
それでは、続けましょう(^_-)-☆
d0125059_9464761.jpg
3分間の蒸らしが完了しました。一粒一粒がしっかりと吸水されていてとてもふくよかに膨らんでいるのがお分かりになるかとおもいます。
さあ、それでは抽出して行きましょう!
先ほどとは反対に、今度は外側に細く…丁寧に差し湯をしていきます。
外側に差し湯を続けていましたら、サーバーの中にぽたぽたとコーヒー液が落ちてまいります。
コーヒー液がポタポタ落ちだしましたら、中央に向かって細く…丁寧に…円を描きながら差し湯を続けます。
外から内に…内から外に…円を描きながら細く丁寧に差し湯を続けます。
そして、既定の量の半分になりましたら差し湯をストップします。
コーヒー2杯分でしたらコーヒー1杯分を抽出したところで抽出を終了します。
これが、松屋式第4のポイントになりますね。
松屋式の場合、3分間の蒸らしをすることにより、この後、抽出されたコーヒー液は通常のコーヒーと比較してとても濃いコーヒー液が抽出されます。
このコーヒー液こそが、コーヒーの旨味成分のみを抽出したコーヒー液なのですね。
残り1杯分のコーヒー液には渋みなどの雑味成分が多く抽出されてしまいます。
ですから、残り1杯分のコーヒー液は捨ててしまいます。
試しに別の容器に抽出されて試飲してみましょう。コーヒーの雑味成分のみを味わうことができるという貴重な体験をすることができると思います。百聞は一見にしかずですね!是非お試しを!
それでは、抽出された濃いコーヒー液にお湯を既定の量まで入れましょう。
濃いコーヒー液はそのままでは濃すぎて飲むことができません。既定の量までお湯を足すことによって、ちょうど良い濃さのコーヒーが出来上がります。
何だか薄めたような気がして美味しくなさそうな気がしますでしょ…
しかし、濃いコーヒー液を抽出するということは、旨味成分のみ、その中にたっぷりと含まれて抽出するということですので是非味わってもらいたいです。
ジュースでも濃縮果汁という方法がありますよね。ちょっと違うと思いますが、あのようなものだとイメージしてくださればいいかと思います。
d0125059_1015363.jpg
\(^o^)/はい!美味しいガテマラが入りました。
ガテマラの品のある甘い香り…モカのような豊潤な香りとは違ったまたとても良い香り…
酸味をほんのりと持ち、豆本来の持つほんのりとした苦み…
ガテマラは主張する部分がすべて品がよく、とても心地よくいただけるコーヒーですね。

スペシャリティコーヒー…
高級品というイメージのあるコーヒーですが、スペシャリティだから美味しいのではないのですね。
スペシャリテイはスペシャリティらしく…
焙煎される方の技術を磨き、自分自身の焙煎完了後のイメージをきちんと持たれて、焙煎していただきたいですね。
そして、抽出する方は、抽出後のイメージをしっかりと持たれて抽出していただきたいですね。コーヒーの本質の部分を…私ももっと高めていけたなら…
そのためにはニコニコ笑顔で楽しみながら、まじめにとり組まなくっちゃいけませんね!
\(^o^)/わ~~~!お仕事の時間だ!いってきます!
by yasunori1113 | 2008-06-27 10:13 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです!

(*^_^*)今日のおいしいコーヒーはガテマラです。
豊潤な香りと甘味そしてこくのあるコーヒー…ガテマラ
モカをベースとしたブレンドを作る際の名脇役的なコーヒーです。
しかし、素晴らしい焙煎をされたガテマラはモカにも匹敵する甘みと香りをもっています。ストレートで飲んでもとてもおいしいです。
今日も松屋式で淹れました。
d0125059_2294678.jpg
珈琲サイフォン株式会社製の手動式のコーヒーミルで挽きました。
箱から挽きたてのコーヒーを取り出した時の香りが、一番甘くて良い香りがします。
私はこの時の香りを体いっぱいに吸い込む時がコーヒーを淹れる時の一番の楽しみなのです。
d0125059_22111739.jpg

金枠にセットした円錐型のペーパーの中に挽きたてのコーヒーを入れてサーバーのセット完了です。
くぼみをつけた部分に細く…丁寧に差し湯をいたします。
サーバーの中にポタポタ落ち出しましたら外側に向かって円を描きながら差し湯をしていきます。
外側まできましたら蓋をして三分間蒸らします。
蒸らしている間は部屋中にコーヒーの甘い香りがいっぱいに広がります。とっても良い香りです。
d0125059_2212146.jpg
3分たちました。一粒一粒がしっかりと吸水されているのがよくわかりますね。
それでは、抽出して行きましょう。
2回目の差し湯は先ほどとは反対に、外側を細く丁寧に差し湯していきます。
サーバーにポタポタ落ちだしましたら、中央部分に向かって円を描きながら差し湯を続けます。
外から中央へ…中央から外側へ…
既定の量の半分の量を抽出します。
これが松屋式の最大の特徴ですね。
半分まで抽出しましたらサーバーから金枠とペーパーをはずします。
そして、既定の量までお湯を足します。
d0125059_22154689.jpg
はい。抽出完了です。
ガテマラの豊潤な香りと甘味、そしてコクとほんのわずかに感じる程度の酸味…
とても上手に抽出することができました。
今日も美味しいコーヒーが飲めるなんて…
本当に幸せです…

by yasunori1113 | 2008-05-13 22:23 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝のおいしいコーヒーはガテマラです

昨夜から降り続いた雨は、ほんのつい先ほど一時的にやみ、メイちゃんの散歩に出かけてきました。
メイちゃんは水にぬれるのが嫌いなようで、地面がぬれていると外に出ようとしないのです。
困ったものです(~_~)
メイちゃんの散歩から帰ってきておいしいガテマラを淹れて少しだけくつろいでいます。
ちりとてちんをみながらコーヒーを淹れました。
d0125059_850358.jpg
今朝のコーヒーはガテマラです。
とても香りがよく、甘みと程よい苦味と酸味も兼ね備えた本当においしいコーヒーです。
d0125059_8515515.jpg
今日も松屋式で淹れました。
d0125059_8522221.jpg
朝からとてもよい香りに部屋の中が包まれています。
d0125059_8525619.jpg
今日もこれからお仕事です。
ぼちぼちがんばらなくっちゃ!

by yasunori1113 | 2008-03-14 08:55 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはスペシャリティのガテマラです

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはスペシャリティのガテマラです。
d0125059_1328207.jpg

以前のブログの中でもご紹介しましたので、美味しさはそちらをみてくださいね~!!
今日は抽出を写真でしょうかいしますね。
今日は私は撮影に徹しました(●^o^●)。
ミルは私のミルより、より一層年期の入ったR-440です。メンテナンスのしっかりされたミルなので何十年使用しても、とても調子の良いミルです。 それでは一回目の差し湯です。写真のように、中央のくぼみをつけた部分に丁寧に差し湯します。
d0125059_13282075.jpg

そして、サーバーにポタポタ落ちだしたら中央から外に向かって丁寧に細く細く差し湯していきます。
d0125059_13282066.jpg

蓋をして三分間蒸らしをします。
d0125059_13282086.jpg

三分間の蒸らしが終わりました。一粒一粒がしっかりと吸水されてしっかりとふくらんでいますね。
さぁ、抽出しましょう。
今度は外側を円を描きながら、差し湯をします。
サーバーの中にポタポタ落ちだしたら、中央に向かって差し湯していきます。
規定の量の半分まで抽出しましたら、サーバーより金枠をはずします。そして残り半分にお湯を足します。
なぜ半分なのかは他の日のブログをみてくださいね。
d0125059_1328202.jpg

さぁ、今日も美味しいコーヒーが入りました。
今日はスペシャリティのモカです。
とても美味しかったです。

それにしても…携帯でのブログの更新はたいへんです…(^_^;)

by yasunori1113 | 2008-03-02 13:28 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(2)

(●^o^●)寝る前のコーヒーはガテマラです。

(●^o^●)今夜のコーヒーはガテマラです。
何回かブログでも書かせてもらいましたがスペシャリティのガテマラです。
スペシャリティにこだわりはないのですが、スペシャリティのコーヒー豆の特性を、しっかりと見極めて焙煎されている珈琲なので、このガテマラに関してはスペシャリティと呼ぶことにしています。
寝る前にコーヒーを飲まれる方は少ないと思いますが、私は寝る前でも美味しいコーヒーをのんで寝ることが多いです。
手挽きのコーヒーミルでのんびりと挽き、そして、丁寧に丁寧に抽出する。
寝る前にこのような贅沢なことができるのも幸せに感じます。
私の部屋は香り高いガテマラの香りで満たされています。
コーヒーを飲みながらのインターネット…。
のんびりとした時間を今しばらくすごしますね…。
今日は抽出の説明はお休みです。
おやすみなさい…
d0125059_2331625.jpg
d0125059_2333658.jpg
d0125059_234469.jpg
d0125059_2341694.jpg

by yasunori1113 | 2008-02-23 23:16 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはスペシャリティのガテマラです

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはガテマラです。
先日のブログでも書きましたが、スペシャリティのガテマラです。
いつもの珈琲屋さんが豆の性格を見事に読み取って焙煎したガテマラです。
写真を写すのを忘れていたのですが、今日はフジローヤル製のR-440で挽きました。
とてもいい香りです。
それに、このR-440で挽きますと、挽きむらがなく均一に挽くことができます。
さあ、それでは抽出して行きたいと思います。
d0125059_8561187.jpg
1回目の差し湯です。いつも通り松屋式で淹れました。
中央のくぼみをつけたところに、細く細く…丁寧に丁寧に…差し湯していきます。
中央部分が吸水されたことで、炭酸ガスが発生します。
モコモコモコモコ膨らんできます。下からポタポタ落ちだしたら外側に向かって丁寧に丁寧に差し湯していきます。外側まで差し湯出来ましたら、蓋をして3分間蒸らします。
この間にとても良い香りが部屋の中に広がっていきます。
さあ、3分間経ちました。
d0125059_8562949.jpg
一粒一粒がしっかりと吸水されてふっくらと膨らんでいます。
それでは、抽出して行きましょう。
今度は先ほどとは反対に、外側を細く細く…丁寧に丁寧に差し湯していきます。
下からぽたぽた落ちだしましたら、中央に向かって円を描くように差し湯していきます。
そして、中央から外に…外から中央に…何度か往復し、既定の量の半分になるまで丁寧に抽出します。
既定の量の半分まで抽出しましたら、残りの半分はお湯を既定の量まで足します。
これは松屋式の特徴ですね。
3分間の蒸らしをすることと、松屋式独得の抽出器具を使用することにより、既定の量の半分までの間に、濃厚な旨味成分をたっぷりと含んだコーヒー液が抽出されます。
残りの半分を捨てる理由は、旨味成分は初めの半分に多くが抽出されてしまい、残りの半分には雑味が多く抽出されてしまうからです。
ためしに、サーバーから外した残りの半分を別の容器に抽出してみて試飲してみてください。
松屋式で淹れた美味しいコーヒーと、残り半分のコーヒーとの味の違いがどなたにでもはっきりとわかるかと思います。
百聞は一見にしかずですね。
是非お試しを…(●^o^●)
d0125059_857199.jpg
さあ、今日もおいしく珈琲が入りました。
今日のガテマラもいつものスタンダードのガテマラも本当においしいのですが、口の中にいつも以上にコーヒーの豊潤な香りが残ります。
とても心地の良い松屋式で淹れた場合でのみ感じる旨味成分の香りです。
スペシャリティを取り扱いされているお店は日本中いたるところにありますね。
しかし、スペシャリティとスタンダードの豆のそれぞれの特徴を最大限に生かし、それぞれの良さを焙煎職人さんのイメージ通りに焙煎できる焙煎職人さんは日本中探してもほんの一握りの方だけだと思います。
スペシャリティ=高級というイメージがとても強いですね。それは確かにあっていると思います。実際、生豆の価格はスタンダードより高いですからね。
しかし、スペシャリティ=美味しいとは必ずしも当てはまらないものなのです。
本当においしいコーヒーを焙煎できる職人さんと出会えた喜びは、私にとって何よりの喜びなのですよ。
素晴らしいコーヒーは素晴らしい抽出方法を練習で体得して、美味しくいただけるようがんばりましょうね!
抽出方法も様々な抽出方法がありますので、ご自身の味の好みに合わせて楽しみましょうね!\(^o^)/
さあ、それでは、これからお仕事に行ってまいります!

by yasunori1113 | 2008-02-21 09:04 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです。
いつものスタンダードのガテマラではなくて、今日のガテマラはスペシャリティです。
一粒一粒が本当にきれいなガテマラです。
本当なら詳しく書きたかったのですが、眠たくなってきましたので、写真のアップだけになっちゃいます…。
このガデマラは良い生豆を使われているのを感じます。
もちろん、良い生豆に最高の焙煎をされているからこのような珈琲ができるのでしょうね。
d0125059_22405653.jpg
d0125059_2241983.jpg
d0125059_22411920.jpg
d0125059_22412719.jpg
ガテマラ特有の香り高さが際立っています。この香りの向こうにガテマラの酸味とコクを感じることができます。
モカとは少し違うところですね。モカの場合は香り高さの向こうに甘味を感じますものね。
香りの感じもまた違いますね。
まだこの豆はありますので次に淹れた時にレポート詳細にしますね。
( - 。 - )y-゜゜゜おやすみなさい…

by yasunori1113 | 2008-02-19 22:47 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはガテマラです。
今朝は9時頃まで名古屋に居りました。
そのため、朝のコーヒーも抽出道具一式をお借りして抽出いたしました。
今日のコーヒーはガテマラです。私が普段いただいているガテマラはスタンダードなのですが、今日のガテマラはいわゆるスペシャリティコーヒーとよばれている豆を使用し焙煎されたコーヒーです。
私がいつも購入している珈琲屋さんが月替わりで毎月1種類のみスペシャリティを焙煎されているのですが、400gもいただきましたので、今朝はスペシャリティのガテマラを淹れました。
今日も手動式のコーヒーミル(珈琲サイフォン株式会社製(KONO製))を使用して珈琲豆を挽きました。
d0125059_1663949.jpg
のんびりゆっくりとコーヒーを挽きました。
まずこのガテマラのすごいところ…
このミルでゆっくりと挽いている間…素晴らしい香りがミルの中から香ってきました。
スペシャリティをスペシャリティにあった焙煎の方法で、生豆の性格を見事に引き出せている豆だと思いました。
この豊潤な香りは本当にすごいです。これは機械式のミルで挽いてしまっては、楽しみが半減したいますね。
さあ、抽出をしていきましょう。今日もこのコーヒーの旨味のみを引き出して飲みたいので、松屋式で淹れました。
d0125059_16122857.jpg
1回目の差し湯をしました。丁寧に丁寧に差し湯してくださいね。
d0125059_161356.jpg
1回目の差し湯を完了して。蓋をして3分間蒸らしました。よく吸水されて膨らんでいますね。さあ、抽出して行きましょう!
d0125059_16155699.jpg
抽出完了しました!
さあ、いただきます!
この豊潤な香りは抽出しても、しっかりと表現されています。ほのかな酸味と甘み…コクもありとても品のある焙煎をされてコーヒーです。
生豆をここまで上手に焙煎することができるなんて、本当にいつも脱帽です…
美味しいコーヒーをありがとうございます。
また、ただでくださいね!(^_-)-☆
なんちゃって!
またおいしいコーヒーを買いにお伺いします!

by yasunori1113 | 2008-02-12 16:23 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日は深煎りのガテマラで淹れたカフェオレです。

(●^o^●)今日は深煎りのガテマラで淹れたカフェオレす。
カフェオレ用のガテマラです。とてもコクがあるカフェオレを淹れることができます。
d0125059_2258897.jpg
今日ももちろん珈琲サイフォン株式会社製(KONO製)の手動式コーヒーミルで深煎りのガテマラを挽きました。
とてもオイリーな香りのする珈琲豆です。これだけコーヒーオイルが出ていてもペーパードリップではコクのみ抽出できるというのが不思議ですね。
d0125059_2302171.jpg
これぐらいの超粗挽きで豆を挽いてくださいね。松屋式の特徴ですね。
中央部分にくぼみを付けてくださいね。
それでは、1回目の差し湯ですね。くぼみをつけた中央に細く細く丁寧に丁寧に差し湯していきます。そして、下からぽたぽた落ちだしたら外側に向かって円を描きながら細く細く差し湯していきます。
d0125059_2362784.jpg
このように、中央付近がこんもりとふくらみます。蓋をして3分間蒸らしますね。
これが松屋式の特徴ですね。昨日のブログに詳しくは書いていますので見てくださいね。
d0125059_2372481.jpg
はい!蒸らし完了です。一粒一粒がしっかりと吸水して膨らんでいます。
さあ、次は抽出です。丁寧に丁寧に今度は外側から差し湯していき、ポタポタしたら中央に向かって円を描きます。そして、また外に向かって円を描きます。何度も往復してください。既定の量の半分まで入りましたらサーバーからコーヒーの粉を下ろします。
濃縮コーヒー液の出来上がりです。
今日はカフェオレですので、温かい牛乳と1:1の割合でブレンドします。
d0125059_23102217.jpg
はい!できあがりました!コクのあるうま味たっぷりのコーヒー牛乳です。
本当においしいですからぜひ試してほしいですね。
といっても、松屋式の道具がいりますね…。
またの機会に松屋式の道具を説明いたしますね。(^o^)丿
さあ!いただきます!

by yasunori1113 | 2008-01-29 23:13 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

毎日の生活の中で色んなことがあり、愉しいこと辛いこと…たくさんあるかと思いますが、毎日を淡々と生きて行けたなら…そんな思いでブログを綴って行こうかと思っています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る