人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

(●^o^●)鰤大根(ブリ大根)を炊飯器で作りました!

(●^o^●)今夜のわが家の食卓は鰤大根(ブリ大根)でした。
いつもはおなべで当たり前のように作っていたのですが、インターネットのホームページでブリ大根のレシピを見ていますと、炊飯器で美味しく炊けるとあったのです。
わが家には私が大学生の時に一人暮らししていた時の炊飯器がいまだに健在です。
今の炊飯器とは違い、構造がシンプルなため、これなら出来るような気がする!と思い込み炊飯器で作ってみました。
d0125059_20343987.jpg
どうです!なかなかの出来具合です!
今日は濃口醤油で作りましたので色も濃くて、とても美味しく出来上がりました。
調理時間も20分ほどで出来るのでとても楽で良いです。
色んなことを試される方がおられるのにはいつも感心します。
初めてやられた方は勇気のある好奇心をもった方ですね。
炊飯器はちょっとした圧力鍋のようなものなのかもしれませんね。
また、何か作ってみようっと!

by yasunori1113 | 2008-10-31 20:41 | ☆ おいしい! | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはモカです。ネルドリップで淹れました。

(●^o^●)今日の美味しいコーヒーはモカです。
いつもは松屋式のペーパードリップで淹れるのですが、今日はコーヒーの深みをくつろぎながら味わいたかったのでネルドリップで淹れました。
ネルドリップとはいえ、私の場合はネルドリップでも淹れ方は松屋式を一部応用して淹れています。
ですから、コーヒーオイルはしっかり通しますが、コク+キレのあるコーヒーを淹れることができます。
d0125059_157456.jpg
今日は手動式の珈琲サイフォン株式会社製のコーヒーミルで挽きました。
手動式は一回しごとにゴリゴリ…ゴリゴリ…といい音と共に良い香りが香ってまいりますので、のんびりとした気分で淹れるときは手動式のミルで挽きます。
d0125059_1595864.jpg
さあ、挽けました。松屋式の特徴ですね。超粗挽きで挽きました。
この挽き方だと、3分間蒸らしをすることにより、しっかり豆の中まで吸水してくれます。ですからコーヒーの旨み成分を余すとこなく抽出することが出来るのです。
d0125059_15115356.jpg
ネルの中にコーヒーを淹れました。引き立てのコーヒーはたまらなくいい香りがします。
それでは1回目の差し湯を行いましょう。
d0125059_15125065.jpg
中央付近を細く…細く…丁寧に丁寧にゆっくりと差し湯をします。
ポタポタとサーバーの中に落ち出しましたら中央から外側に向かってお湯を差します。
外側まで差し湯が終わりましたら1回目の差し湯は終了です。
新しいコーヒーはこれだけ超粗挽きであってもしっかりと膨らんでまいります。
これで蓋をして3分間蒸らします。
d0125059_15155229.jpg
3分間蒸らす理由は先ほども書きましたがコーヒー豆の中まで十分に吸水させることが目的です。この後の抽出の際に、コーヒー豆の旨み成分が溶けるようにして中から出てまいります。
よく言われる30秒の蒸らし時間ですと、コーヒー粉の表面をお湯が流れることになり、成分を抽出するのが少なくなり表面の炭化した部分の色が流れ出てコーヒーの色を出しているということになります。
ですから、しっかりと旨み成分を抽出する場合は松屋式の抽出をお勧めします。
写真は蒸らし中のネルを横から撮っています。
しっかりと吸水して膨らんでいることがおわかりになると思います。
d0125059_15213267.jpg
蒸らしが完了しました。一粒一粒がしっかりと吸水されて膨らんでいるのが良くわかると思います。
それでは抽出していきましょう。
今度は反対に外側部分から、細く…細く…円を描きながら丁寧に差し湯をいたします。
ぽたぽた落ちだしましたら、円を描きながら中央部分に向かって差し湯をいたします。
内から外へ…外から内へ…丁寧に差し湯を続けます。
規定の量の半分まで抽出しましたら、サーバーからネルをはずします。
これで抽出は完了です。
抽出したコーヒーの中に規定量になるまでお湯を足します。
これが松屋式の最大の特徴ですね。
超粗引きの挽き目と3分間の蒸らしをすることで、濃いコーヒー液を抽出することができます。
半分まで抽出する理由は、半分までが旨み成分のみを抽出するのに最適だという理由からです。
残りの半分には雑味が入り出しますので、風味が一気に落ちてしまいます。
ためしに残りの半分を別容器に入れて抽出して飲んでみましょう。
明らかに違いがわかるかと思います。
お湯を残り半分淹れる理由はこのままではあまりにも濃いために飲みにくいからです。
コーヒー牛乳やカフェオレにする場合はこの半量まで抽出したコーヒーの中に温かくしたコーヒーをお湯のかわりに入れましょう。
最高においしいコーヒー牛乳やカフェオレができますよ。
おためしあれ!
d0125059_15322516.jpg
さあ、はいりました。
今日はマグカップにたっぷりとコーヒーを淹れました。
部屋の中にいっぱいに広がるコーヒーの香り…最高です。
ネルドリップ&松屋式で淹れていますのでコーヒーのコクと旨み、そしてキレをしっかりと抽出することが出来ています。
モカの芳醇な香りと豊かな甘みをとても上手に抽出することが出来たと思います。
娘が学校から帰ってきました。
コーヒーのいい香りがするね!(●^o^●)ということばが第一声です。
今日はのんびりと残りの時間をすごしたいと思います。

ps.ネルドリップは手入れがとても大変です。桶の中でネルを洗いましょう。そして、その水は流さず植木にあげるようにしましょう。コーヒーは炭化していますので、アルカリ性の土壌に変えてくれます。流すと環境破壊…植木にあげると自然に優しくなります。最後までクリーンにコーヒーを楽しみたいものです。
by yasunori1113 | 2008-10-31 15:47 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)家庭教育学級講習会無事に終了です

(●^o^●)本日、午前中にありました同じ市内の中学校の家庭教育学級の講習会が無事に終了しました。
予定の人数より若干少なかったのですが、約3時間話し続けました。
疲れた~~~!(>_<)
今日はのどを癒してのんびりとすることに決めました。

by yasunori1113 | 2008-10-31 13:18 | ☆ いろいろなこと | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)明日は同じ市内の中学校の家庭教育学級の講師をしてきます!

(●^o^●)明日は久しぶりに家庭教育学級の学習会の講師のお仕事です。
年に数回中学校や小学校・幼稚園から講師の依頼があります。
同じ市内の中学校ですので近くてとてもらくらくです。
中学校は小学校や幼稚園とは違い、受講生の人数が少ないため、私にとってはとても良い感じです。
やはり、子どもの年齢とともに学校の行事への関心も薄くなっていくのでしょうね。
明日は午前中、お母さん方の前でのんびり楽しくお話をしてこようと思っています!

by yasunori1113 | 2008-10-30 22:59 | ☆ いろいろなこと | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)日増しに秋が深まってきました…柿の美味しい季節です

(●^o^●)今週に入って少しずつ秋も深まってきました。
日増しに寒さも厳しくなりつつあります。
木々も少しずつ色づきだしましたね。
11月になると本格的な紅葉のシーズンを迎えることになりますね。
d0125059_814458.jpg
柿の木にはたくさんの実がついています。
小ぶりですがとても甘い柿です。
これから食欲の秋ですね~~~!
美味しいものを少しずつ楽しみたいと思います。

by yasunori1113 | 2008-10-30 08:15 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)コーヒーのハンドピックは奥が深いです…②

(●^o^●)コーヒーのハンドピックは本当に地味な作業なのですが、とても大切な作業だということです。
ハンドピックの際にはじかれたコーヒーを淹れてみました。
d0125059_883063.jpg
そのままのものを無選別で淹れて飲むのはやっぱり嫌でしたので、ハンドピックではじかれた豆の中でもまだ妥協できそうなものをよりハンドピックして淹れることにしました。
写真だけでみるときれいでしょ。
この程度の豆ならば、普通のお店なら当たり前のように販売されていますね。
しかし、私がいつも買うコーヒー屋さんはとことんハンドピックをするのでこのような豆でもはじかれてしまうのです。
このハンドピックされたコーヒーの種類は、モカ、コロンビア、グァテマラ、ブラジル、キリマンジャロ、マンデリンなどハンドピックではじかれたお豆ですのでバラエティにとんだ内容です。
d0125059_8141156.jpg
松屋式で淹れましょう。富士ローヤル製のコーヒーミルで挽きました。
松屋式ですのでかなり粗挽きで挽きます。
d0125059_8164324.jpg
いつも通りの松屋式の淹れ方です。
コーヒータグをクリックして淹れ方の詳細はご覧くださいね。
豆が新しいので良く膨らみます。とても良い香りが部屋中に広がります。
蓋をして3分間蒸らします。松屋式の特徴ですね。
d0125059_819294.jpg
3分間の蒸らしが完了しました。
一粒一粒しっかりと吸水されていて良く膨らんでいます。
それでは抽出していきます。
d0125059_8203185.jpg
(●^o^●)抽出完了です。
松屋式ですので規定の量の半分まで濃いコーヒー液を抽出します。残り半分はお湯を規定の量までいれます。
さあ…できばえは…

いけますね…なかなか美味しいじゃないですか…
バラエティにとんだ豆が入っているので豆本来の個性を出しあっているということは無いのですが、普通の喫茶店のコーヒーより数倍美味しいです。
良く考えれば当たり前なのですね…
ハンドピックされたコーヒー豆の中でもまだ売り物に近いものだけどピックアップしたのですから…
しっかりとポリシーをもたれて焙煎されているコーヒー豆はやっぱりハンドピックされたコーヒー豆であっても並以上の味を出すことが可能なのですね。
口の中に広がるふくよかな…豊かなコーヒーの風味があきらかに少ないのが残念ですが、それはやはりコーヒー豆のハンドピックの重要性を物語っているのだ…という結論につながっていくものだということを証明しているのですね。
次は豆別に抽出して、より深く検証してみようと思いました。

(おそらく…やるかやらないかといえば、面倒なのでおそらくやらないでしょう…(^_-)-☆)
by yasunori1113 | 2008-10-29 08:37 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)コーヒーのハンドピックは奥が深いです…①

(●^o^●)久しぶりのコーヒーブログです。
コーヒーは飲み続けていたのですが、一時期コーヒーのブログばかり書いていたので、コーヒーのことを書くのを飽きてしまって、しばらく書いていませんでした。
もちろん、コーヒーに飽きたわけではないです。
今日はコーヒーの事を少し違う観点から楽しんだのでブログを書こうと思いました。
d0125059_21591158.jpg
このコンビニの袋に入ったたくさんのコーヒー豆…この中に約1kgの焙煎後のコーヒー豆が入っています。
売り物のコーヒー豆ならこのような袋に入れるわけは無いですね。
この袋の中のコーヒー豆はもちろん売り物ではありません。
焙煎後のコーヒーをハンドピックしてはじかれたコーヒー豆たちなのです。
ハンドピックとは、焙煎後のコーヒー豆の中の不良豆を人の手によって一つ一つはじく作業を言います。
不良豆とは未成熟の豆、虫食い、焙煎不足、カビなどの豆をいいます。
通常、自家焙煎コーヒーを販売されるコーヒー屋さんが当たり前のようにされる、とても地味ですが大切な作業なのです。
この袋の中に入っているコーヒー豆は未成熟の豆、虫食いの豆、焙煎不足の豆です。
私がいつも購入するコーヒー屋さんのコーヒー豆は、生豆の段階でセンサーでカビ豆や石などをはじいていますのでこの袋の中に入っているのは未成熟の豆、虫食い、焙煎不足の豆ということになります。
d0125059_22122641.jpg
このように写真を拡大すればコーヒー豆の色が薄いもの、穴の開いているもの、ふっくらと膨らんでいないもの、形が歪なものなどの豆があることがわかると思います。
このようなコーヒー豆は心あるコーヒー豆屋さんなら売り物とされないのです。
自家焙煎コーヒーは少し高いような気がされると思いますが、実はこのようにハンドピックというとてつもなく地味で根気のいる手作業を通しているので、その分人件費がかかってしまうのですね。
しかし、このハンドピックをするのとしないのとではコーヒーを入れた後の味がやはり違ってきます。
美味しいこだわりのコーヒーを販売されているコーヒー屋さんにとって、焙煎後に最も妥協してはならない、こだわらなければならないのが実はハンドピックなのかもしれませんね。
このハンドピックされたコーヒー豆をさらにハンドピックして、その中でもまだ売り物に近いものをハンドピックしてみました。
そして、そのハンドピックされたコーヒー豆を抽出してみました!
by yasunori1113 | 2008-10-28 22:31 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)最高に美味しいお昼ごはん!

d0125059_21504328.jpg
(●^o^●)今日のお昼ごはんは最高に美味しい手作りのお弁当です。
いつも本当にありがとう!
娘と二人美味しくいただきましたよ。
・おかかおにぎり ゆかりおにぎり
・シーチキンたまねぎ入りのヒジキ
・アスパラとベーコンのお湯かけサラダ
・ミニトマト
・かぼちゃの塩煮胡麻鰹混ぜ
・出し巻きたまご(甘口)
・茄子の浅漬け
・大根・人参さつま揚げの昆布出汁煮物
どれも全部手作りで本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
お弁当を食べた後は娘と二人ニコニコ笑顔になりましたよ!(^_-)-☆
ごちそうさま!
by yasunori1113 | 2008-10-27 21:51 | ☆ おいしい! | Trackback | Comments(1)

(●^o^●)簡単!にらたまで~す!

d0125059_1402090.jpg
(●^o^●)簡単にらたまです!とても栄養価の高いニラを簡単にらたまにしていただきました。
細かく刻んだニラを溶き卵にいれます。塩(小1)をいれて混ぜます。
フライパンに挽き肉(何でも良いですよ)を入れ、パラパラになるまで炒ります。
挽き肉がパラパラになりましたらニラ卵液を流し入れます。
かき混ぜながら半熟になるまでかき混ぜます。
半熟になったら皿に取り出します。
フライパンにトマトケチャップ(大2)水(1/2カップ)塩コショウ(少々)を入れ、混ざりましたら水溶き片栗粉でとろみをつけてにらたまにかけてできあがりです。
5分あればできあがり!
あと一品欲しい時には簡単でとてもおいしいですよ~~~!
by yasunori1113 | 2008-10-25 14:00 | ☆ おいしい! | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)玉ねぎとかぼちゃと鯖の甘酢でさっぱり焼きです

d0125059_13581245.jpg
(●^o^●)玉ねぎとかぼちゃと鯖の甘酢でさっぱり焼きです。
いつもの焼き魚にちょっとだけ一工夫するだけでとても違う料理になりとても美味しくいただけました。
今日も浜内千波さんの料理本を参考に作りました。
鯖はひと口大に切り、軽く塩コショウをふります。
玉ねぎは1センチ位の厚さで輪切りにし、かぼちゃはくし形切りにします。
フライパンに野菜を入れ、中火でこんがりと焼きます。焼けましたら一度取り出します。
同様に鯖もこんがりと焼きます。こんがりと焼けましたら一度取り出します。
次に酢(大3)醤油(大2)水(大1)砂糖(小1)をひと煮立ちさせます。
ひと煮立ちさせた調味料の中に野菜と鯖を戻し、もう一度ひと煮立ちさせます。
ひと煮立ちさせましたら器に盛り付け、香味野菜(生姜と大葉)を散らしできあがりです。
とてもおいしいですよ。
ほんのり甘酢なのでいくらでも野菜も魚も食べれますよ。
あ~~~!
おいしかった~~~!
by yasunori1113 | 2008-10-25 13:58 | ☆ おいしい! | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る