<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

(●^o^●)プチトマト・バジル・レモングラスの最終収穫です。

(●^o^●)プチトマト、バジル、レモングラスの最終収穫です。
今年はたくさんの実をつけてくれて、たくさんの収穫を楽しませてくれたプチトマト…。
もう実が赤くなりません。
d0125059_7545899.jpg

これから寒くなって行く一方なので緑色のプチトマトを収穫して今年のプチトマトの収穫を終えました。
d0125059_7554471.jpg
今日は息子君も野球の練習がおやすみです。
一緒にお庭仕事をしてくれました。
メイちゃんはプチトマトがなくなっていくのがさびしそうです…。
きっと緑色のプチトマトをみて、「これじゃ食べられないワン…」とでも思っているのかも知れませんね。
d0125059_803069.jpg
レモングラスも全て切り取りました。しばらく乾燥させてこの冬のハーブティにしようと思っています。
今年は500mlのペットボトル1本半分の収穫が出来ました。
d0125059_82112.jpg
来年もまた、たくさんのレモングラスが収穫できればいいな…
d0125059_831219.jpg
バジルです。
バジルはもう種の収穫も終わりそのままにしておいた分をドライバジル用に収穫しました。
見た目はあまり良くはありませんが、十分バジルの香りがしますので、ドライバジルにしてパスタ等に使用します。
お庭はすっきりとしてしまいました。
これから春に咲く花を植えようと思っています。

秋が深まってきました。
我が家の周りは紅葉がきれいなところがたくさんあります。
時間があれば、のんびりと自転車で回ろうかな…(^_-)-☆

だけど、やっぱり山の方は単車かな…自転車をこぐのがたいへんだし(^_^;)

どちらにしても、お外に出かけるのにいい季節になりました。

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-29 08:13 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)金魚の水槽の掃除をしました

          
(●^o^●)今日、金魚の水槽の掃除をしました。
午前中はオイカワさんの水槽を、お昼からは金魚さんの水槽の掃除です。
朝晩はもとより、日中の気温もずいぶん低くなってきましたね。
水温が急激に低下する前に水槽の大掃除です。
ヒーターの設置も無事に完了です!
これで寒い冬も元気にすごしてくれることでしょう!
d0125059_18272165.jpg
金魚すくいですくってきた金魚さんたち…
みんなのんびり…のほほんとおよいでいます…(^_-)-☆

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-27 18:28 | ☆ 金魚・コメット・オイカワ | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)信州蓼科に行ってまいりました

(●^o^●)先週末、信州蓼科に行ってまいりました。
信州蓼科は朝晩のみならず、日中でも長袖ですごさなければならないほど寒くなってきました。
ほんの少しの時間ですが、都会から離れるのもいいものですね。
d0125059_849695.jpg
茅野市内から白樺湖・蓼科方面へ向かう大門街道沿いのドウダンツツジの紅葉が始まっています。
これから雑木林の紅葉がいっそう加速することでしょう。
そして、12月になれば雪も降り、スキーシーズンが始まりますね。
また蓼科・白樺湖周辺はたくさんの人々でにぎわうことでしょう。
d0125059_85308.jpg
白樺湖です。
台風13号は前日には過ぎて行ったのですが、やはり台風の影響からか湖上を楽しまれている方はおられませんでした。
遊覧船もでているのですが…
シーズ中は湖面ではカヤックやカナディアンカヌーを楽しまれている方もおられます。

時間があればもっとゆっくりと自然を満喫したい信州蓼科…
次は時間を気にすることなく、のんびりと出かけたいな…
[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-27 08:58 | ☆ おさんぽと旅 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)彼岸花(ヒガンバナ)がたくさん咲いています

(●^o^●)ダイニングの窓の向こうにきれいに彼岸花が咲いているのが目に入りました。
d0125059_1265377.jpg
わが家の隣はまだ田んぼをしているので、毎年、畦に彼岸花が咲いているのを観ることが出来ます。
お彼岸が近づくと必ずきれいなお花を咲かせる彼岸花…
秋の訪れを感じさせてくれます。
d0125059_1263182.jpg

台風の影響でしょうか…朝より少し風が出てきました。
台風にも負けず、お彼岸の日を迎えて人々の心を和ませてもらいたいものです…
d0125059_121092.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-18 12:18 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(1)

(●^o^●)秋を身近に感じるようになって来ました

台風13号がのろのろとしたスピードで日本を縦断しようとしています。
本当に困ったものです…(>_<)
この週末は運動会のところもあるでしょう。一様に皆困惑の表情を浮かべていることと思います。
私は明日から名古屋です。高速道路通行止めにならないことをお祈りしなくては…

台風は困ったものですが、我が家の周辺は少しずつ秋を感じることが出来るようになって来ました。
d0125059_875550.jpg
この季節になるとお庭にはきれいな薄紫のお花がたくさん咲きます。
シオンです。
切り花にして花瓶に娘がさしていました。
d0125059_892413.jpg
ハナミズキ(花水木)の葉も少しずつ赤くなって来ました。紅葉の始まりですね。
来春の花芽もしっかりとついてくれています。
楽しみです。
d0125059_820594.jpg
小川や田んぼの畦には彼岸花(ヒガンバナ)も咲きだしました。
台風が去ったお彼岸には、きっと満開の彼岸花(ヒガンバナ)を観ることが出来るでしょう。
楽しみです…。

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-18 08:22 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)お墓参りにいきました…そのあとハンバーグを食べに行きました

9月15日 お彼岸前なのですが、息子と二人でお墓参りに出かけました。
息子は久しぶりに野球の練習がおやすみです。
二人車にのってのんびりとでかけました。
きれいにお墓を洗い、少しだけ生えていた草を引き、お花を交換し、お供えをしました。
二人で手をあわせ、日々見守ってくださっていることへの感謝の想いを心の中で伝えました。
喜んでくれたことでしょう…。私はじいちゃんばあちゃんが大好きでしたので…。

お墓参りを終え、もうお昼の1時を過ぎていました。
おながかすいたので車を運転しながら息子とお昼を食べるところをさがしました。
息子が「ここがいい!」と言って入ったお店がびっくりドンキーというハンバーグレストランでした。
自宅から車で少し走ったところにもあるお店なのですが、行ったことがなかったので行きたかったとのことです。
d0125059_6412790.jpg
メニューがいっぱいありとてもうれしそうな息子君…。
息子はチーズハンバーグ400gを注文!
d0125059_6423591.jpg
私も負けずにおろしハンバーグ400gを注文しました。
d0125059_715786.jpg
ちょっと大きすぎ…それに失敗したと思ったのが、おろしハンバーグにはご飯が標準でついてくるとしらなかったので、ご飯が二つ…(>_<)
がんばって食べました…。
あまりの量でしたので息子と二人ゆっくり時間をかけて食べました。
おなかいっぱい…満足げな息子君…。
その表情を観ていると今日は1日一緒にいれて良かったな…って思いました。
きっとこの子の笑顔をみてご先祖様も喜んでくれたことでしょう…。

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-18 07:17 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)中秋の名月…携帯電話と天体望遠鏡で天体写真を撮りました。

          
今日、9月14日は中秋の名月です。
天気が心配されましたが、なんとか雲も晴れてお月様を観月することが出来ました。
息子と二人、お部屋からお月様を眺めています。
娘は少し観たらお勉強のためお部屋に戻りました。
d0125059_23484670.jpg

天体望遠鏡でお月様を眺めています。
とてもきれいにクレーターを観ることが出来ます。
天体撮影をしようということになり携帯電話のカメラとムービー機能を利用し撮影しました。
息子は一生懸命撮影しています。
d0125059_23494073.jpg
やっぱり男の子ですね…ワクワクしながら一生懸命お月様を眺めています。
携帯電話でもこれだけの写真が撮れるものなのですね。
ちょっと感心しました。
最近、天体望遠鏡でお空を眺める機会が全くなかったです。
お空を眺めるのは、とても良いものです…。
忘れかけていたことを思い出すきっかけになりました…
望遠鏡をずいぶん昔に買って観ようとした時の自分の心を…。

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-14 23:50 | ☆ 季節・自然 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)直向きな努力…がんばって!

朝晩ずいぶん涼しくなって来ました。
薄手の夏布団だけではちょっぴり寒ささえ感じる日もあります。
お彼岸を過ぎた頃から、季節は本格的な秋に向かって加速し始めるのでしょう。
子どもたちはもうすぐ運動会です。
娘は今年中学生活最後の運動会を迎えます。
息子は中学生での初めての運動会です。
娘は今年も最終競技の選抜リレーの選手になったということです。
中学生になってからはソフトボールクラブがなくソフトボールは高校までお預けになり、茶道部に入部しましたので普段は本格的には体を動かしていません。
なのに、毎年選抜リレーの選手になっています。
とりわけ足が早いというわけでもないのに選ばれてしまう娘…。
理由はあるのですね。
今時の中学生は、選抜リレーの選手に選ばれたらプレッシャーが強いので断る子が多いということです。
「嫌」と言えばいいものを、どんなことでも自分の意思をしっかりと相手に伝えることが出来ない娘は、いつもそこに名前が残ってしまうようなのです。
友達にも「人が良すぎるよ…。断ればいいのに…。」なんて言われるようですが、それが出来るようなら、この子はもっと要領よく今までも過ごしてくることが出来たでしょう。
選ばれたら次に娘がしていることは、運動会に向けてなまった体を動く体にする努力をし始めました。
学校から帰ってきて、メイの夕飯とお散歩をした後、勉強をして、夕飯前の30分程の時間を利用してトレーニングをしているのです。誰にもトレーニングをしているとは言わずに…。
本当にまじめな子…そう素直に思いました。
今年は中学生活最後の運動会…。精一杯頑張ることも大切なのですが、やっぱり友達と楽しい思い出をたくさん作って欲しいと思います。
いい思い出作りをできるのは、今しかないんだからね\(^o^)/

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-12 08:11 | ☆ 楽しい…嬉しいこと | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)とてもうれしい来客…再会

今日のお昼、ある方が我が家を訪ねてきてくださいました。
その方とのエピソードを少し書いておこうと思います。

私がその方と出会ったのは、今から6年前、まだその方が高校三年生の時でした。
当時、私は会社を退職し、大学に籍を置き、自分自身の好きな研究をしている時でした。
その方のご両親とはご近所ということもあり、大変懇意にしていただいていました。
そういうご縁もあり、お二人の息子さんがわが家にこられることがありました。
その息子さんのうち、長男さんが高校三年生のある時、進路についての相談を受けました。
大学へ進学するか…就職するか、それとも専門学校に行くか…
私は大学へ行くことの大切さを知っているつもりでしたので、大学進学を彼には勧めました。
しかし、当時彼は自分の学力が大学進学に達していないと思い込んでいたのです。
受験勉強も全くしていなかったのです。
彼の成績表を見せてもらいました。確かに一部苦手とする科目はありましたが、総合的には悪くなく、十分受験できる成績をもっていたのです。
しかし、彼は受験の準備を全くしていなかったのです。当然、その時からでは遅すぎたのです。
しかし、彼にはまだ推薦入試という方法が残っていました。
とてもまじめな彼は決して普段の授業では手を抜いていなかったのです。
すぐに推薦入試の条件を満たす大学をさがし始めました。一つの大きな条件は国公立大学で進学先を決めないといけないということでした。
当然ハードルも高く、推薦入試といえども、短期間で受験の準備ができるほど条件の良い大学はなかなか見つかりませんでした。
しかし、本気でさがせばあるものなのですね。それも国立大学です。名前は出せませんが日本でも有数の大学の一つです。
試験までわずか3ヶ月…受験勉強の始まりでした。
受験科目はこの様な場で公表するものではないのであえて書きませんが、受験科目の中で小論文があったのです。
当時、私は論文を書くことがしばしばありましたので、僭越ながら彼に論文の書き方を短期間で習得させるという大変な役目をお受けしたのです。
私自身が書くのではなく、論文を書いたことのない高校生に論文を理解させることは、とても大変なことでした。どうしても作文になってしまうのです。それも、今思えばたいへん稚拙な作文だったのです。
しかし、彼は努力をしました。並大抵の努力ではなかったと思います。
毎日休みなく、私の与えたテーマについて、まじめに一生懸命論文を何枚も何枚も書き続けました。
おそらく現役の大学生でもこれだけの枚数の論文を書くことはないかもしれない…というくらい彼は書き続けました。
最初は稚拙な作文が、入試直前にようやく大学の教員が読んで納得するような論文を書くことが出来たのです。
私が彼に最後に出した課題は「自分自身で書いたこの論文を飛行機の中で丸暗記しなさい」。
この論文を本番で書けたら必ず合格する…。私なら合格させるという思いが私にはありました。
市販されているマニュアル本を参考にして書いた論文ではなく、「問題提議、見解、自分自身の意見、方向性」をしっかりと持って書けた論文でした。
彼の生真面目さは本当に飛行機の中で一字一句間違えることもなく、私の言うとおり暗記したのです。
大学のコンセプトから予想して、私は終始一貫して同じテーマで論文を彼に書かせました。
受験当日、論文のテーマが私の大方の予想通りだったということもあり、彼は自信を持って最高の論文をわずか30分(制限時間90分)という短時間で書き上げることが出来たのです。
人は心に余裕が出来た時、自分でも想像もつかないほどのすごいパワーが出てくるものなのですね。続く科目も自信を持って受けることが出来、無事に推薦入試を終えることが出来たのです。
推薦入試が終わり、受験会場の大学から私の元に電話がありました。
とても声に張りがあり、手ごたえをつかんでいるような感じでした。
自宅に戻り、私の元に報告に来ました。受験を終えた安堵からか表情には少し穏やかな表情になっていました。
合格発表の日がやってきました。私もご両親もその日をドキドキしながら迎えたことを思い出します。
私の元に彼から電話がりました。「合格」です!
私とご両親が本人以上に安堵したことを思い出します。
彼の生真面目さが「合格」という二文字を彼にプレゼントしたのでしょう。
心から「おめでとう」と言ったことを今も忘れることは出来ません。

以上、その方との簡単なエピソードです。
今「その方」と敬意をもって書いている理由は、今その方は大学を卒業し、学費も免除になるほどに勉強をされて、来春に大学院も修了されます。
そして、今日私のもとを訪ねてきてくれたのは、「日本原子力学会」という学会で研究成果を発表したので、それを報告しにわざわざ私の元に来てくれたのです。
内容を聞いたのですが、私が全てを理解することが出来るような次元のものではないものでした。当然ですね。
私が彼を観て何よりうれしかったのは、一生懸命まじめに勉強し、自分の成長に驕ることなく謙虚な彼が今もまだそこにいたからなのです。
大学に入れていただいたからには一生懸命がんばろう…一生懸命貪欲に研究しよう…
その思いを一貫して今もその方は持ち続けられていました。
そして、私への感謝の思いとご両親への感謝の思いを今もなお褪せることなく持ち続けておられるのです。
私はほんの短期間、一緒に勉強しただけなのに、私に最大の敬意を表してくださっています。私はその方のそんな生真面目な姿が好きで、一緒に勉強をしようと思った当時のことを思い出します。
今日、我が家を訪れてくれました。
「努力は自分自身を決して裏切らない…」
努力する…努力し続けるということはとても大変なことです。
しかし、努力することは自分自身を決して裏切ることはない…
その方の姿をみてあらためてそう思いました。
これからよりご活躍されることをお祈りいたします。
本当に今日は訪ねてくれてありがとう\(^o^)/
[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-11 00:02 | ☆ 楽しい…嬉しいこと | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)シロサギ(白鷲)が獲物をねらっています!

          
(●^o^●)我が家の前の田んぼの畦をシロサギが歩いています。
春に生まれ育ったカエルも大きくなり、シロサギの格好の獲物になっているようです。
d0125059_23174214.jpg
狙いを定めてそっと近づいて…パク!!
むしゃむしゃむしゃ…ごっくん

またそっと歩き出しては…
狙いを定めて…パクッ!!
むしゃむしゃむしゃ…ごっくん!
d0125059_2324214.jpg
カエルには不憫ですがシロサギにとって格好の餌場になっているようです…。
カエルさんのご冥福をお祈りします・・・ケロ!

[PR]

by yasunori1113 | 2008-09-09 23:24 | ☆ 楽しい…嬉しいこと | Trackback | Comments(0)