平成30年…今年1年を振り返って…

今年もいつもと変わらない穏やかな年を迎え、穏やかに時間が過ぎていました。
しかし、2月にふうちゃんの子宮内にポリープがあることがわかり、3月に摘出手術をしました。
検査の結果、良性のポリープだったので胸をなでおろしたものでした。

4月、お兄ちゃんが大学を卒業し、就職しました。
不安と希望を抱いての社会人。
これから幾度となく大変なことが待ち受けていることでしょう。
しかし、その都度冷静に落ち着いて判断し、行動すればいいだけだからね。
困難な事を放っておいても解決することはないからね。
困難なことになる前に、丁寧に対応することを忘れずにね。
国家試験の勉強とお仕事の両立は大変だろうけれど、自分の選んだ道は大切に丁寧に、そして自分の花を咲かせようね。ヽ(^o^)丿

4月、お姉ちゃんが大学院の博士課程後期課程に進みました。
毎日難しい研究をしているようです。
娘の研究の成果が、多くの人の生命をその先へとつなげるきっかけになってくれればいいな…
まだまだ道半ばですね。
自分が想像しているものとは違う結果ばかりかもしれません。
しかし、そこから何かを見出すことができるかもしれません。
失敗という結果はないのですからね。
夢や希望があるからしんどいんだよね。
だけど、必ず夢や希望の先に自分の花は咲きますよ。
身体に気を付けて、根気よくヽ(^o^)丿
d0125059_12582097.jpg
グランフロント大阪のクリスマスツリーは毎年華やかだね(^_-)-☆

8月、今年一番辛く悲しかったこと…
最愛のはなちゃんが私たちの心の中へ旅たちました…。
本当に寂しくて悲しくて…心が完全に折れてしまいました。
もっと…もっと一緒にいたかったよ…
毎日はなちゃんのことを想い、涙がこみ上げてきます。
今でもはなちゃんに向かって毎日必ず話しかけています。
メイちゃんの隣にいるはなちゃん…
メイちゃんと一緒に穏やかな時を過ごしていることでしょう…
私たちは、あなたたちと一緒に過ごした時と同じように、これからも心穏やかに、そして心優しく過ごすことを心掛けて過ごしていますよ。
私たちのそばでのんびりとすごしていてね。
d0125059_13001771.jpg
8月2日のはなちゃん。本当に愛しいよ…はな

その1月後…9月
ふうちゃんが乳腺腫瘍の摘出手術を行いました。
毎月の定期検診の時には発見されなかったのですが、ふうちゃんのトリマーさんが発見してださいました。
ふうちゃんのトリマーさんは動物看護士さん。
小さな腫瘍が乳腺に沿って全体的にあるような感じ…
まだ小さいので、すぐに診察を受けるようにアドバイスを受け、その日のうちに診察。
そして、早期に手術を受けることが出来ました。
獣医さんにもトリマーさんにも見守られて、本当に私たちは幸せです。
検査の結果、良性で腫瘍部分を全部摘出できていると診断がおりました。
本当に安心しました。

今春から、自分自身の体調不良にプラスして、はなちゃんの闘病…
常にはなちゃんに寄り添ってくれて…
本当に優しいふうちゃん…
ふうちゃん本当にありがとう。
いっぱいいっぱい頑張ってくれてありがとう。
最近まで、身体のバランスが崩れていたけれど、少し落ち着いてきたね。
ふうちゃんのことはみんなが守るからね。
d0125059_13005127.jpg
毎日こうしてそばにいてくれてありがとう(*'▽')

10月、とても嬉しいことがありました。
ヽ(^o^)丿りんちゃんが家族になってくれたことです。
今年、一番うれしかったことです。
再び私たちが笑顔を取り戻すきっかけを作ってくれたのがりんちゃんでした。
とてもキュートなりんちゃんヽ(^o^)丿
私たちにたくさんの希望を与えてくれたりんちゃん。
家族みんな一緒に穏やかな日々を過ごしましょうね。
d0125059_13013019.jpg
お姉ちゃんがブラッシングをしている最中に、寝てしまったりんちゃんヽ(^o^)丿リラックスしすぎ~

ふうちゃんとりんちゃん・・・そして、はなちゃんとすごしてきた時間。
そして、大切な人と一緒に過ごしてきた時間…
ここ数年は毎日日記を書くようにもなりました。
大切な家族との時間を毎日記録してからお布団に入りいます。
毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。
辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること…
人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。
だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。
それは、次の想い出のためだと信じています。


[PR]

by yasunori1113 | 2018-12-19 13:18 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)

平成30年…今年1年を振り返って…

今年もいつもと変わらない穏やかな年を迎え、穏やかに時間が過ぎていました。
しかし、2月にふうちゃんの子宮内にポリープがあることがわかり、3月に摘出手術をしました。
検査の結果、良性のポリープだったので胸をなでおろしたものでした。

4月、お兄ちゃんが大学を卒業し、就職しました。
不安と希望を抱いての社会人。
これから幾度となく大変なことが待ち受けていることでしょう。
しかし、その都度冷静に落ち着いて判断し、行動すればいいだけだからね。
困難な事を放っておいても解決することはないからね。
困難なことになる前に、丁寧に対応することを忘れずにね。
国家試験の勉強とお仕事の両立は大変だろうけれど、自分の選んだ道は大切に丁寧に、そして自分の花を咲かせようね。ヽ(^o^)丿

4月、お姉ちゃんが大学院の博士課程後期課程に進みました。
毎日難しい研究をしているようです。
娘の研究の成果が、多くの人の生命をその先へとつなげるきっかけになってくれればいいな…
まだまだ道半ばですね。
自分が想像しているものとは違う結果ばかりかもしれません。
しかし、そこから何かを見出すことができるかもしれません。
失敗という結果はないのですからね。
夢や希望があるからしんどいんだよね。
だけど、必ず夢や希望の先に自分の花は咲きますよ。
身体に気を付けて、根気よくヽ(^o^)丿
d0125059_12582097.jpg
グランフロント大阪のクリスマスツリーは毎年華やかだね(^_-)-☆

8月、今年一番辛く悲しかったこと…
最愛のはなちゃんが私たちの心の中へ旅たちました…。
本当に寂しくて悲しくて…心が完全に折れてしまいました。
もっと…もっと一緒にいたかったよ…
毎日はなちゃんのことを想い、涙がこみ上げてきます。
今でもはなちゃんに向かって毎日必ず話しかけています。
メイちゃんの隣にいるはなちゃん…
メイちゃんと一緒に穏やかな時を過ごしていることでしょう…
私たちは、あなたたちと一緒に過ごした時と同じように、これからも心穏やかに、そして心優しく過ごすことを心掛けて過ごしていますよ。
私たちのそばでのんびりとすごしていてね。
d0125059_13001771.jpg
8月2日のはなちゃん。本当に愛しいよ…はな

その1月後…9月
ふうちゃんが乳腺腫瘍の摘出手術を行いました。
毎月の定期検診の時には発見されなかったのですが、ふうちゃんのトリマーさんが発見してださいました。
ふうちゃんのトリマーさんは動物看護士さん。
小さな腫瘍が乳腺に沿って全体的にあるような感じ…
まだ小さいので、すぐに診察を受けるようにアドバイスを受け、その日のうちに診察。
そして、早期に手術を受けることが出来ました。
獣医さんにもトリマーさんにも見守られて、本当に私たちは幸せです。
検査の結果、良性で腫瘍部分を全部摘出できていると診断がおりました。
本当に安心しました。

今春から、自分自身の体調不良にプラスして、はなちゃんの闘病…
常にはなちゃんに寄り添ってくれて…
本当に優しいふうちゃん…
ふうちゃん本当にありがとう。
いっぱいいっぱい頑張ってくれてありがとう。
最近まで、身体のバランスが崩れていたけれど、少し落ち着いてきたね。
ふうちゃんのことはみんなが守るからね。
d0125059_13005127.jpg
毎日こうしてそばにいてくれてありがとう(*'▽')

10月、とても嬉しいことがありました。
ヽ(^o^)丿りんちゃんが家族になってくれたことです。
今年、一番うれしかったことです。
再び私たちが笑顔を取り戻すきっかけを作ってくれたのがりんちゃんでした。
とてもキュートなりんちゃんヽ(^o^)丿
私たちにたくさんの希望を与えてくれたりんちゃん。
家族みんな一緒に穏やかな日々を過ごしましょうね。
d0125059_13013019.jpg
お姉ちゃんがブラッシングをしている最中に、寝てしまったりんちゃんヽ(^o^)丿リラックスしすぎ~

ふうちゃんとりんちゃん・・・そして、はなちゃんとすごしてきた時間。
そして、大切な人と一緒に過ごしてきた時間…
ここ数年は毎日日記を書くようにもなりました。
大切な家族との時間を毎日記録してからお布団に入りいます。
毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。
辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること…
人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。
だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。
それは、次の想い出のためだと信じています。


[PR]

by yasunori1113 | 2018-12-19 13:18 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)

今日は娘の17回目の誕生日です

今日は娘の17回目の誕生日です。
子どもは5歳までに一生の親孝行をすると言われた方がおられます。
本当にその通りだと思います。

子どもの頃のあの笑顔・・・あの表情・・・
目にいれても痛くないほど愛しい・・・
今もその想いは変わることはありません。
今も優しく、いつも私のことをいたわってくれます。

親にとって一生子どもは子どもなのです・・・
しかし、子どもは一生子どもではないのですね・・・

子どもは大人になり親になるのです・・・
いつか必ず巣立っていくのですね・・・

その時のために・・・親は子離れをする覚悟をし、子どもには歳相応の自覚を持たせるように・・・
そして親離れをしていくようにしなくてはなりませんね。

たくさんの料理をつくり、ケーキにろうそくを立て、笑顔で過ごせるのもあとどれだけあるのでしょうね・・・

子どもが大人の階段をのぼっていく姿を楽しみにも想い・・・そして寂しくも想います・・・

今日も優しい笑顔を・・・ありがとう・・・

おやすみなさい・・・

おたんじょうびおめでとう・・・
[PR]

by yasunori1113 | 2010-11-02 23:53 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)息子の優しさに感謝…

(●^o^●)日曜日 息子と二人で家の前の小川でオイカワをとりました。
なぜオイカワをとろうということになったかというと、先日ブログでも書きましたが、愛しい子の金ちゃんが全部死んじゃったというメールをもらいました。
悲しくて悲しくてずっと泣いているということを息子が聞き、「それなら僕が元気なオイカワを捕まえてくるよ!」と息子が言って網とバケツを持ってすぐに小川に出かけていきました。
私も後を追いました。
d0125059_855378.jpg
家の前の小川を西に向かい歩きながらオイカワがたくさんいるポイントへ向かいます。
大人のオイカワは流れの強いところでも平気で泳ぎますが、小さなオイカワはまだその流れに逆らって泳ぐことが出来ません。
d0125059_8572614.jpg
小さなオイカワがいるポイントです。小川の流れが緩やかになるところにいます。
そっと後ろから網を入れます。まだ大人のように敏感に反応しません。
簡単にすくうことが出来ます。
d0125059_8585145.jpg
何度も何度も行ったり来たり…ポイントを歩いてはオイカワをすくっていきます。
バケツの中にはとりあえずすくったオイカワがたくさん入っています。
しかし、その中でも特に小さいものは川に逃がします。
餌を食べることが出来ないので死んでしまうからです。
水槽でも飼える大きさのオイカワのみをバケツに残し家に帰りました。
d0125059_9129.jpg
たくさんのオイカワが水槽の中で泳いでいます。
これからしばらくの間、水の交換の日々が続きます。
私も一緒に水の交換を手伝いますね!楽しみに待っている子がいるものね…
がんばれヽ(^o^)丿息子君!ファイト~~~!

[PR]

by yasunori1113 | 2008-08-19 09:06 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)

(^_-)☆電車にゆられています…旅行からの帰りです

d0125059_23264487.jpg

(*^-^)b息子君は旅行の疲れがでたらしく、電車で食べるのを楽しみにしていた駅弁を、少しだけ食べて寝てしまいました。
これからしばらく電車にゆられます…

と、書いた私もうとうとです

これからゆっくり息子との思い出を綴っていこう…
[PR]

by yasunori1113 | 2008-03-24 23:26 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)優しい息子君…

優しい息子君…
カモミールティーを淹れてくれました
優しい息子君…
ありがとう…
d0125059_15551596.jpg

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-15 18:03 | ☆ 愛しい… | Trackback | Comments(0)