人気ブログランキング |

2008年 06月 18日 ( 1 )

(●^o^●)のんびりお散歩…常滑市

6月16日(月)久しぶりにのんびりと街を歩きたい気分になり、愛知県常滑市をドライブ…そして、車をとめてのんびりとお散歩をしました。
愛知県常滑市といえば、『常滑焼』で有名ですね。招き猫の生産地でもあるようです。
その証拠にビックリするくらい大きな招き猫のオブジェが高台に備え付けられています。
d0125059_23721.jpg
何だかとても愛らしく笑っちゃいそうでしょ!
d0125059_2381519.jpg
だけど、こんな上から見下ろしているんですよね!招き猫の前にいる猫の親子のオブジェがかわいらしい。
d0125059_23121237.jpg
陸橋の名前プレートももちろん常滑焼です。
d0125059_2319223.jpg
やきもの散歩道をのんびりと歩きました。この散歩道周辺には、かつてこのあたりが一大焼き物工場群だった面影をたくさん残しています。
d0125059_23153114.jpg
ノスタルジックなおもむきの煙突です。
今は使用されていないのでしょう…煙突がお空に向かってそびえたつように、蔦の葉もお空に向かって伸びて行っているような感じがいたします。
d0125059_23215455.jpg
やきもの散歩道を歩いていると、旅人と街の人たちの安全をお地蔵さんが笑顔で見守ってくれています。
d0125059_23233912.jpg
常滑焼のギャラリーをされているお店にはとても可愛い常滑焼の動物たちが店先を和ませてくれています。
d0125059_23243111.jpg
植物と常滑焼が風情を醸し出しています…。
d0125059_23274820.jpg
『でんでん坂』という坂を見つけました。常滑焼が壁面を覆い尽くすように埋め込まれています。
坂が崩れるのを防ぐ役割があるそうです。
d0125059_2329567.jpg
一方、でんでん坂の反対側は『土管坂』という名前の坂になります。写真向かって右側が焼酎の瓶、左側が土管になります。このようになったのは、やはり、坂が崩れないようにこのような形になっているとのことです。
d0125059_23324172.jpg
かつては、このような大きなレンガ造りの炉で常滑焼が焼かれていたのでしょうね。
d0125059_2334713.jpg
この炉の隣では焼きたてのパンが売られていました。
d0125059_2336351.jpg
本丸御殿茶という地元ならではのお茶を一緒に買いました。名古屋城の本丸御殿の復元のために発売されているお茶のようです。
d0125059_23475524.jpg
常滑の街をのんびりと歩きました。かつての繁栄を感じ、そして、新たな常滑焼を感じつつ街歩きを終えました。
常滑市には『中部国際空港・セントレア』が新しい街のシンボルとして街を支えています。ここから世界へ…常滑の未来は、今新しい段階に入りつつあるのかもしれませんね。

常滑市お散歩の写真をまとめていますのでご覧くださいね。
by yasunori1113 | 2008-06-18 23:52 | ☆ おさんぽと旅 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る