人気ブログランキング |

2008年 03月 14日 ( 4 )

今日のお仕事はこれで終わりです…無事に卒園式も迎えれそうです

今先生帰られました。
今日のお仕事はこれで終わりです。
18日の卒園式も無事に迎えれそうです。
3月いっぱいは幼稚園・小学校のお仕事はお休みいただきました。
しばらく夜は好きなテレビドラマを見たり、コーヒーを楽しんだりすることができそうです…
子どもたちと会話を楽しむこともできそうです。
さあ、夕飯食べてお風呂してこなくっちゃ…
(●^o^●)
by yasunori1113 | 2008-03-14 22:51 | ☆ いろんな思い… | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今夜はネルドリップでマンデリンを淹れてみましょう

(●^o^●)今夜はネルドリップでマンデリンを淹れました。
マンデリンの特徴は、その豆本来が持っている苦みが最大の特徴ですね。
コーヒーの豊潤な香りの奥に苦みとまろやかな甘味…。
マンデリンはやみつきになられる方が多いコーヒーでもありますね。
まずは焙煎なのですが、これはいつも私が100%信頼をおいています珈琲屋さんの豆ですのでマンデリンの特徴を問題なく引き出せるコーヒー豆を使用します。
抽出技術は大変重要なのですが、やはりその大前提には素晴らしい焙煎をされた珈琲豆を使用することが大切ですね。
この点、私は恵まれていると思います(^_-)-☆
d0125059_19431620.jpg
ご覧のように深煎りの豆ではないのがおわかりになるかと思います。
苦味には深煎りによって苦味を演出する場合と豆本来の苦味を抽出する方法の二通りがありますね。
マンデリンの特徴をこのコーヒー豆を使用して抽出しましょう。
今日は豆本来の苦味を抽出します。
それと、マンデリンの大きな特徴のコーヒーのコクを抽出します。
それは、コーヒーオイルのコクを程よく抽出するために、今日はペーパーではなくてネルドリップで抽出してみようと思います。

旨味とコク…両方を一度に抽出しますので、マンデリンを美味しくいただく際に私が一番美味しいと思う抽出方法を今日は紹介したいと思います。
題して…『ネルドリップを松屋式で淹れましょう!』です!
私のブログを見ていただいている方は松屋式をご理解いただいていると思いますが、ペーパーと金枠の代わりにネルを使用するということです。
d0125059_19495656.jpg
この方法で淹れますと、クリアーな旨味と豊潤な香りが味わえるコーヒーなのに、コクが抽出されるという、通常のネルドリップよりは若干時間が2分半程長くかかりますが、美味しいコーヒーが入りますので、是お試しあれです!\(^o^)/
d0125059_19583715.jpg
松屋式+ネルドリップで抽出しますので、コーヒーの挽き目はこれくらい粗く挽いた豆を使用します。
今日はいつも通り珈琲サイフォン株式会社製の手挽き式のコーヒーミルを使用しました。
このコーヒーミルは挽いた後に素晴らしいコーヒーの香りが部屋中に広がってくれます。
今日はミルの話はおいといて…
挽き終わりましたら、ネルの中に挽いたコーヒーを入れます。
それでは、抽出作業に入っていきましょう!
d0125059_2034924.jpg
1回目の差し湯です。ネルドリップの場合は松屋式の円錐状のペーパーを使用するのではありませんので、中央付近に細く差し湯するのではなく、細く細く円を描きながら中央付近から外側に向かって差し湯をしていきます。そして、外側から中央へと差し湯を続けます。
サーバーにポタポタ落ちだしましたら差し湯を止めて蒸らしに入ります。
蓋をして3分間蒸らします。このあたりが少し松屋式とは異なるところですね。
d0125059_208345.jpg
3分間の蒸らしが終了しました。
豊潤な香りが部屋にまたまた広がります。
一粒一粒がしっかりと吸水されて膨らんでいるのがよくお分かりになるかと思います。
さあ、それでは抽出して行きましょう!
抽出方法もいつもの松屋式とは少し異なります。
外側だけに差し湯を続け、ポタポタ抽出するのを待つのではなく、外側から中央に向かって細く丁寧に差し湯をしていきます。そして、中央から外側に…。
続けて抽出して行きます。
ポタポタ落ちるのを待つことなく連続して差し湯をしていきます。
円錐状のペーパーと金枠を使用するのではありませんので、このように円を描きながら抽出して行きます。
このあたりも松屋式とは少し異なりますね。
d0125059_20154028.jpg
既定の量の半分まで抽出しましたら差し湯をやめて、サーバーからネルを下ろします。
KONOという文字の下あたりがだいたいコーヒーカップ1杯分になります。
今日はマグカップ1杯分(コーヒーカップ2杯分)を抽出しますのでコーヒーカップ約1杯分で抽出をやめますね。
そして、既定の量までお湯を足します。写真ではわかりやすいように白い線を引きました。
このあたりがコーヒーカップ2杯分のあたりになります。
d0125059_20452096.jpg
さあ、珈琲が入りました。
豊潤な香りの奥に、マンデリン本来の持つ苦味と、まろやかな甘み…
松屋式風で抽出していますので雑味を抽出していませんのでクリアーな味…。
そして、コーヒーオイルのコク…
マンデリンはこの方法で淹れるのが、私のもつマンデリンのイメージで抽出できそうな気がするのです。

心穏やかな気持ちにさせてくれる珈琲…
ホッと心が落ち着くひと時です…
さあ、仕事の続きをします!
実はこのブログを書いている時は幼稚園の先生が来られて仕事を一緒にしている最中です。
がんばらなくっちゃ!\(^o^)/もうすぐ卒園式ですからね!
by yasunori1113 | 2008-03-14 21:04 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)ネルドリップコーヒーについて…

(●^o^●)人にはそれぞれ好みというものがありますね。
コーヒーの淹れ方にもたくさんの抽出の方法があります。
今日少し紹介いたします、ネルドリップの他にサイフォン、ペーパー、水出し、プレス、パーコレーター・・・ほんとうに書き出すときりがないくらいに、さまざまな抽出の方法がありますね。
コーヒーが大好きな方はいろんなコーヒーの淹れ方にこだわりをもたれている方が多いかと思います。
私は普段気軽にとてもおいしくコーヒーをいただくために、松屋式というペーパードリップでコーヒーをいただきます。
ペーパードリップ、ネルドリップなど、それぞれにまた個別にさまざまな淹れ方がありますね。
本当に楽しいものです。
みなさん、それぞれに自分の好みにあったコーヒーの淹れ方を見つけることが出来れば幸せですし、とても楽しいですね。\(^o^)/
それでは、今日はネルドリップでのコーヒーを抽出する前に、必ずやらなければいけないことを少し紹介いたしますね。
d0125059_13331377.jpg
今日は上の写真のようにネルドリップという抽出方法の際に使用します、新品のネルを下ろすところを書かせていただきますね。
新品のネルはそのまま使用することは出来ません。
新品のネルを水道水でしっかりと洗浄し、ネルについています汚れやホコリ、糊などを落としましょう。
次は洗浄したネルをコーヒーを抽出したあとの出涸らしで煮込みます。(なんだか表現がおかしいかも…)
出涸らしがない場合は、私の場合はお歳暮やお中元でいただいたコーヒーを使用します。
d0125059_133602.jpg
このようなセットもののコーヒーで風味などが損なわれてしまっている物などを使用するとよいでしょう。
インスタントコーヒーでもいいと思います。
d0125059_13391965.jpg
おなべにお湯を沸騰させます。そこに、コーヒーの出涸らしなど上で紹介しましたいずれかの物を入れます。このように沸騰してコーヒー色に変わってきましたら、先ほど洗っておきました新品のネルを入れて煮込みます(やっぱり表現がおかしいかも・・・味噌煮込みうどんみたいですものね・・・)
約5分ほど煮込みましたらおなべから取り出して、きれいに洗浄をいたします。
ここでは出涸らしを落としますね。
環境保護のために洗浄するときは、必ず桶で洗浄した水を受けて、あとで庭木の水やりなどに使用してくださいね。
d0125059_13491191.jpg
上の写真のようにきれいに洗いました。
しかし、新品のときとは違い、ネルにコーヒーの色が移っています。
実は下準備で大切なのはここなのですね!\(^o^)/
ネルドリップの特徴を引き出すために実はこの下準備が大切なのですね!
なぜ、このような下準備が必要なのかということを、喫茶店の方でもなかなかはっきりとした理由を知っている方は少ないかと思います。
今日はちょっぴり豆知識になるかもしれませんのでお話いたしますね。

ネルドリップの最大の特徴は、ペーパードリップでは抽出することの出来ない、コーヒーオイルの『コク』をカップの中に抽出することができることなのですね。
これはネルの場合はコーヒーを生地の厚みでこすのにたいし、ペーパーは気密性と面でこすという決定的なこしかたの違いがそこにあるのですね。
ネルを使用する上でこのコーヒーオイルの『コク』を抽出することができなければ、それこそネルを使用している意味がまったくないといってもいいかもしれません。
このコーヒーオイルの『コク』を抽出するために下準備をしたのです。
実はオイルというものはどのようなオイルでもそうなのですが、オイルとオイルは互いに引き付け合うという性質を持っていますね。
その性質を利用してコーヒーオイルの『コク』をカップに程よく抽出するのがネルドリップなのですね。
先ほどの下準備でネルの中にはコーヒーオイルがしみこんでいます。
これは水で洗ったぐらいではそう簡単に落ちるものではありません。
しかし、ここで落ちてもらうと困るわけですね。(*^_^*)
このネルの中のコーヒーオイルに、抽出するコーヒーのオイルが結びついていこうとしていきます。
ここがネルドリップの最大の特徴ですね!
自然の重力にのみ頼ってコーヒーオイルの『コク』を抽出しますので、カップの上にオイルがぷかぷか浮かぶようなことはないのですね。
(まれにぷかぷか浮いているお店もありますが…(~o~))
ペーパードリップの場合はペーパーの気密性が高いため、自然の重力ではペーパーの中を通過して、コーヒーオイルの『コク』がカップの中に入ることはないのですね。
(一定の外的な圧力をかけるとペーパーでも通ります。これはまたこれで面白いですね。(^_-)-☆)

ネルドリップとペーパードリップの一長一短は後日また時間のあるときに書きましょう。
これも書き出すと面白いのですね~!

さあ、そういうことで、今日はネルドリップのちょっとした特徴を書きましたが、ネルの管理の方法がメインですので続きを書きましょう。
d0125059_14165825.jpg
きれいに洗浄したネルをなみなみと水の入ったタッパの中に入れて冷蔵庫の中で保存します。
なぜこのようなことをするかというと、それはまさに雑菌の繁殖を遅らせるという大切な役割があるのですね。
遅らせると書きましたが、この状態でも雑菌は繁殖いたしますので、ネルの水は2日に1度は交換してあげることが大切です。
それと水道水を入れることも大切なことですね。塩素により雑菌の繁殖を遅らせてくれますので…。
使用する際は、熱い熱湯を一度くぐらせてくださいね。
ここで塩素や雑菌などをもう一度落としてあげる必要があります。

いかがでしたか・・・?
ネルドリップについて、ほんの少しでもおわかりになりましたか・・・?

ネルドリップはペーパードリップとは違い、とても管理が面倒なので、家庭でも最近はお店でもあまり抽出の方法として使用される機会が少なくなってきているかと思います。

ネルドリップ、ペーパードリップなど、抽出方法によって同じコーヒー豆であっても、このように味や風味が変化するんですよ~!ということを多くの方に知ってもらえたら、幸せに思う単純な私ですので、これからもコーヒーブログを続けていきたいな・・・と思います。

とにかく楽しみましょう\(^o^)/それがいちばんたいせつです!

あと、ネルドリップで抽出後のネルの洗浄は、たいへんな水質汚染の原因になります。
必ず、抽出後、ネルを洗浄するときは桶で洗浄水を受けてくださいね。
そして、その洗浄水は捨てずに植木の水やりに使用してくださいね。
ペーパードリップがペーパーを使用するということで、資源の無駄遣いや環境によくないという意見をお持ちの方がおられますが、ネルドリップの際のネルの使用は、大量の水を使用するのと洗浄水が環境汚染につながります。
美味しいコーヒーにこだわりを持たれる方は、必ず環境への配慮と意識を持つことが大切です。
宜しくお願いします。<(_ _)>
by yasunori1113 | 2008-03-14 18:33 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(2)

(●^o^●)今朝のおいしいコーヒーはガテマラです

昨夜から降り続いた雨は、ほんのつい先ほど一時的にやみ、メイちゃんの散歩に出かけてきました。
メイちゃんは水にぬれるのが嫌いなようで、地面がぬれていると外に出ようとしないのです。
困ったものです(~_~)
メイちゃんの散歩から帰ってきておいしいガテマラを淹れて少しだけくつろいでいます。
ちりとてちんをみながらコーヒーを淹れました。
d0125059_850358.jpg
今朝のコーヒーはガテマラです。
とても香りがよく、甘みと程よい苦味と酸味も兼ね備えた本当においしいコーヒーです。
d0125059_8515515.jpg
今日も松屋式で淹れました。
d0125059_8522221.jpg
朝からとてもよい香りに部屋の中が包まれています。
d0125059_8525619.jpg
今日もこれからお仕事です。
ぼちぼちがんばらなくっちゃ!

by yasunori1113 | 2008-03-14 08:55 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る