人気ブログランキング |

2008年 02月 22日 ( 2 )

(●^o^●)梅の花が咲いていました。

(●^o^●)今日はお仕事がお休みでしたので、本当に好きなことをして1日過ごしました。
朝からプールに行こうと思ったのですが、メイちゃんが珍しくお漏らしをしてしまったので、掃除ときれいにしてあげていたらあっという間にお昼になってしまいました。
お昼からは笑っていいともを観て、途中からちりとてちんの再放送を見て、そのあとはDVD三昧でした。
3時過ぎに娘が学校から帰ってきましたので、二人で散歩に出かけることにしました。
メイちゃんを連れて息子の小学校の方に向かい少し遠回りをして散歩しました。
すると、帰り道で梅の花が咲いているのに気がつきました。
d0125059_1747481.jpg
通学路沿いにある梅の木なのですが、少し高い位置にあるので、娘が登って撮ってくれました。
とてもきれいでしょ~~~(*^_^*)
娘は携帯電話でもさりげなくこれだけきれいに撮影できるのがこの子らしいな…って思いました。
勉強はちょっぴりにがてのようですが(^_^;)絵を描いたり、細かな物を作ったり、お花を生けたりすることは好きなようです。
娘と二人で、約1時間…メイちゃんを連れてのんびり散歩でした。
のんびり散歩をしていましたら、のんびり息子君が帰ってくる姿が見えました。
のんびりと…のほほんとした休日でした…

by yasunori1113 | 2008-02-22 18:01 | ☆ 楽しい…嬉しいこと | Trackback | Comments(0)

(●^o^●)今朝の美味しいコーヒーはモカです。

(●^o^●)今朝は小学校までの通学の付添登板でした。
朝7時30分に家を出て集合場所を35分ごろ出発しました。
ここ3日ほどは朝の冷え込みも厳しくはなく、往復1.5キロほどの道のりは朝の散歩にはちょうど良い距離でした。
家に戻り、NHKの「ちりとてちん」を観ながらコーヒーを淹れました。
今日の美味しいコーヒーはモカです。
d0125059_10155886.jpg
今日はお仕事がお休みです。のんびりとした気持ちでコーヒーを挽きました。
今朝は珈琲サイフォン株式会社製(KONO製)の手動式のミルです。
珈琲豆の中でもすばらしい焙煎がされたモカを挽く時の香りが、何より豊潤な香りがして大好きです。いつまでも豆を挽いていたくなるような甘い香りが部屋の中を既にいっぱいに満たそうとしています。それではいつも通り、松屋式で淹れていきましょう。
d0125059_1021136.jpg
1回目の差し湯です。くぼみをつけた中央付近に丁寧に細く細く差し湯していきます。すると、吸水されて炭酸ガスを放出しだしたコーヒー粉が少しずつ膨らんできます。
ポタポタ下からコーヒー液が落ちだしましたら外側に向かって円を描きながら丁寧に細く差し湯します。外側まで差し湯ができました、ここから蒸らしに入ります。
蓋をして3分間…のんびりと待ちましょう。
これが松屋式の特徴ですね。
d0125059_1032055.jpg
3分間経ちました。とてもいい香りが蒸らしをしている間に部屋中に広がっていきました。
さあ、それではその香りに包まれながら抽出をしていきましょう。
次は先ほどとは反対に、外側から差し湯してまいります。
細く細く…丁寧に差し湯していきます。
そして、下からポタポタ落ちだしましたら中央に向かって円を描きながら差し湯していきます。
そして、中央から外へ…・外から中央へ…と円を描きながら差し湯を続けます。
そして、既定の量の半分まで(カップ1杯分の抽出ならカップ半分まで…カップ2杯分ならカップ1杯分まで)抽出しましたら、サーバーから金枠とペーパーを下ろします。
これもまた松屋式の特徴ですね。
松屋式では規定量の半分の抽出で濃縮された旨味成分のみを抽出しますのでこれから先は抽出しません。
残り半分は雑味の部分になりますので抽出してはいけません。
ちなみに、残り半分を抽出してそのコーヒー液を飲んでみてください。
きっとビックリされるでしょう…これがコーヒーの雑味なんだと初めて実感されるかもしれません。
それでは、規定量の半分まで抽出できましたら、残り半分にはお湯を足します。
濃厚なコーヒー液を抽出しましたので、このままでは濃すぎて飲むことができません。
ですから残りの半分の量をお湯を足します。
これもまた松屋式の特徴ですね。本当にびっくりしますね…常識を覆す発想です。
d0125059_1039569.jpg
(●^o^●)はい!美味しいモカが入りました。
モカの豊潤な香りの奥に、モカの優しい豆本来の持つ甘味が伝わってきます。
松屋式での抽出は、実はこのような香り高いコーヒーにこそ向いているような気がいたします。
そこには雑味というものが一切存在することなく、旨味成分のみが抽出されていますので、モカの繊細な香りと甘味が最大に表現されているような感じがします。
コーヒーの淹れ方は本当にたくさんありますね。器具も様々です。
焙煎された珈琲豆にあった、一番最高の淹れ方を極めることができれば本当に幸せな気持ちになりますね。
この松屋式という淹れ方は、器具が少し他のものとは違いますが、そんなに高価なものではありません。金枠とペーパーの合計で1000円あればお釣りが来ますので、是非とも試して頂きたい淹れ方です。
コーヒーオイルの風味とコクを楽しみたい方には不向きな淹れ方ですので、その場合はネルドリップをお勧めします。
ネルドリップの淹れ方も様々な淹れ方がありますが、私が一番美味しいと思いましたネルの淹れ方をいずれブログで紹介することになるかもしれませんね。
今日は1日お仕事がお休みです。
これからプールに泳ぎに行ってきます!
\(^o^)/

by yasunori1113 | 2008-02-22 10:54 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る