人気ブログランキング |

歴史を語る上で大切なこと…

日本の過去の戦争を正当化する内容の論文を外部に発表し、解任された田母神俊雄前航空幕僚長が今世間を騒がせていますね。
私もその論文を拝見いたしました。
あえて個人の批評はいたしません。
私の思う歴史を語る上で大切なこととは何か…少しだけ書いてみようと思いました。

事実としての歴史を語る上で、歴史観というものは重要な位置を占めるものと思われます。
その人の生い立ちや生活環境が個人の歴史観を大きく左右するものと考えられます。
歴史観のみで歴史を語りだすと事実が全く見えなくなってしまいます。
田母神俊雄氏はどれだけ自分の力で史実を再現することが出来たのでしょうか。
史実というのは裁判で言うと証拠になります。
証拠が無いのに有罪とすることは出来ませんね。
証拠が無いのに有罪にされた暗い時代もありましたね。
これも歴史なのですね…。

史実というものを積み上げていき、そして一つの歴史の真実が再現されるのです。
今の日本の歴史は史実をないがしろにし、史実に反するものが数多くあると考えられています。
政治的な配慮がなされたり、個人の感情のみを前面に出した稚拙な歴史が残念ながら、まかり通っています。
歴史というものは簡単に良い悪いだけで決めてしまうものでは無いのです。
完全に白黒はっきりとつけれる歴史というものはなかなか無いということなのです。
ただ、人の感情がそこに入ると白黒つけなくてはならないような状況が出来上がってしまうのです。

史実を再現することなく語ってしまった歴史はそれはもう歴史の捏造としかいうほかないのです。
真実のみを未来の人たちに残してもらいたいです。
そのような歴史を構築できる国こそが、真に未来に繁栄する国になるのかもしれませんね。
トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/8866848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasunori1113 | 2008-11-03 21:29 | ☆ いろんな思い… | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る