o(^-^)o今日のおいしいコーヒーはモカです

o(^▽^)o今日は久しぶりにコーヒーのブログをかきます。
今日のおいしいコーヒーはモカです。
d0125059_895587.jpg
珈琲サイフォン株式会社製の手挽きのコーヒーミルで挽きました。
ゆっくり…のんびり…挽きました。
挽きたてのコーヒー豆の香りが、珈琲を淹れる上で一番良い香りがしますよ。
とても心穏やかな気持ちになりますよ…。
今日も松屋式で淹れました。
円錐形のペーパーを金枠の上にセットし、挽いた珈琲豆をペーパーの中に入れます。そして、中央部分に窪みを作ります。セット完了です!
d0125059_81024100.jpg
さぁ、一回目の差し湯をしていきましょう。
窪みをつけた中央部分に、細く…細く…丁寧に差し湯をします。
サーバーの中にポタポタとコーヒーが落ちだしましたら、外側に向かって円を描きながら細く…丁寧に差し湯をします。
外側まで差し湯が終わりましたら、蓋をして3分間蒸らします。
これが松屋式の大きな特徴ですね。
ゆっくり…のんびり…蒸らしを楽しみましょう。
蒸らしの間、モカの芳醇な香りが部屋の中にいっぱいに広がってまいります。
心穏やかな気持ちが、よりいっそう心穏やかな気持ちになります。
d0125059_8113789.jpg
さあ、蒸らしが完了しました。
一粒一粒しっかりと吸水されてよく膨らんでいますね。
それでは抽出して行きましょう。
今度は先ほどとは逆に、外側を円を描くように細く丁寧に差し湯していきます。
サーバーの中にポタポタ落ちだしましたら、中央に向かって円を描きながら差し湯します。
外から内へ…内から外へ…
丁寧に丁寧に…細く…細く差し湯をいたいます。
既定の量の半分まで抽出しましたら、サーバーから金枠をおろしましょう。
既定の量の半分というのが、松屋式の特徴その2ですね!
松屋式の場合、抽出されたコーヒー液は旨味成分のみが濃縮された濃いコーヒー液が抽出されます。ですから、飲むにはそのままでは濃すぎます。
1/2しか抽出しないのは残りの1/2にお湯を足して濃度を調整するためです。
そして、残りの1/2には雑味が抽出され始めます。
1/2しか抽出しないのはこういう理由があるからなのです。
ちなみに、1/2の濃縮コーヒー液をそのまま飲んでみましょう。金枠から外したあとの残りの1/2を別容器に抽出して飲んでみましょう。
理由がどなたにもわかるかとおもいますよ。百聞は一見にしかずですね。
是非お試しを!\(^o^)/
d0125059_8215410.jpg
さあ、美味しいモカが入りました。モカの豊潤な香りの奥に甘味をしっかりと感じます。心穏やかに…心豊かになれるコーヒー…モカ…
上手に焙煎されたモカは人の心を和やかにしてくれます…
美味しいコーヒー探しをされるのも楽しいかもしれませんね。
私は巡り合えたので幸せです…
さあ、お仕事がんばらなくっちゃ!

[PR]

by yasunori1113 | 2008-06-03 08:28 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/8027224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。