人気ブログランキング |

(●^o^●)今朝のコーヒーはマンデリンです。

(●^o^●)今朝のコーヒーもまたマンデリンです。
昨夜もマンデリンでしたが今朝もまたマンデリンにしました。
寒い朝には温かい珈琲…ホッとするひと時です。
今朝はフジローヤルのR-440で珈琲豆を挽きました。
d0125059_8572255.jpg
このコーヒーミルの特徴は、均一にきれいに挽けるところが他の機械式のミルより優れているところかと思います。
d0125059_90853.jpg
松屋式で淹れる場合はこれくらい粗く珈琲豆を挽きます。
ですから、コーヒーミルの性能も大切な要素なのですね。
d0125059_91691.jpg
さあ、それでは1回目の差し湯をします。中央のくぼみをつけたところに、細く細く丁寧に差し湯をしていきます。
下からぽらぽた落ちだしましたら外側に向かって円を描きながら細く差し湯していきます。
外側まで差し湯ができましたら、蓋をして3分間蒸らしましょう。
差し湯はとてもデリケートなものです…。
もし、サーバーにたくさんのコーヒー液が落ちてしまった場合は、思い切ってサーバーのコーヒー液を捨ててくださいね。捨てましてもサーバーを洗わなくてもいいですからね。すぐに金枠を戻してくださいね。
ここで下に落ちたコーヒー液は旨味成分をほとんど含んでいない、コーヒー粉の表面をお湯が通った際に色が付いて落ちたコーヒー液です。
捨てる前にどのようなものか、別の容器にとっておいて、あとで試飲されるのも面白いかもしれませんね。
d0125059_953750.jpg
さあ、3分間の蒸らしが完了しました。蒸らし前と蒸らし後ではこれだけコーヒーの表情が変わってきます。
お湯がしっかりと吸水されたコーヒー粉は比重が重くなっておりますので、この後の抽出の際に浮いてきません。コーヒーの粉の中から炭酸ガスが排出されていますので浮かび上がることもありません。
さあ、それでは抽出を開始しましょう。
今度は1回目の差し湯とは反対に、外側から円を描くきながら丁寧に細く細く差し湯していきます。
そして、下からポタポタ落ちだしたら中央に向かって円を描きながら丁寧に細く差し湯していきます。
そして、中央から外へ…外から中央へと既定の量の半分になるまで抽出を続けます。
既定の量の半分まで抽出しましたらサーバーから金枠とフィルターを外します。
d0125059_99574.jpg
既定の量の半分までしか抽出しないのがこの松屋式の特徴なのです。
今日はマグカップ1杯分の抽出をしています。
コーヒーカップに換算すると2杯分になります。
写真でいいますと、「KONO」という文字が書かれている所から1mm下あたりがちょうどコーヒーカップ1杯分になります。
上に白い線を引きましたが、そこが2杯分になります。
文字の下までを抽出でコーヒー液を出します。そして、白いラインまでお湯を足します。
これが松屋式の特徴ですね。
「KONO」のサーバーは、慣れるととても淹れやすいですが、一般には「カリタ」のサーバーが小さな目盛りも書かれていますので淹れやすいかもしれませんね。
d0125059_916471.jpg
(●^o^●)はい完成です。
昨夜のブログでも書きましたが、このマンデリンは蒸らしから抽出…そして、味わっている間にコーヒーをイメージしやすい豊かな香りがいつまでも続きます。
そして、その豊潤な香りの奥に苦みとコク…ほんのり酸味が見えてくるので本当に楽しいコーヒーです。
今日もお仕事がお休みです。
のんびりとした1日を過ごせそうです。
今日はこれからどこかに出かけようっと\(^o^)/

トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/7342740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasunori1113 | 2008-02-25 09:27 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る