(●^o^●)私の大切なコーヒー道具です。

今日は私の大切なコーヒー道具について少し書きたくなりましたので、少しお付き合いいただければ幸いです。
よく想い返しましたら、初めてのような気がします…道具について書くのは…
d0125059_16322645.jpg
この写真にはサーバーと金枠が写っています。
サーバーは「珈琲サイフォン株式会社」という会社が製造したサーバーです。KONOという名前で珈琲好きのみなさんの中では通っているかもしれませんね。
1つ1つ手作りで作られているサーバーです。
値段はとても高いです。カリタのサーバーが何個も買えてしまいますよ。
使い慣れるとこのサーバーは本当に味があるし良いんですよね。
ネルドリップで淹れる時にも使用します。
もともとネルドリップ用のサーバーなんでしょうね。
もう一つは金枠ですね。この上にペーパーをおいて使用します。金枠というのが松屋式独得かもしれませんね。ペーパーも専用のペーパーを使用します。
d0125059_16382311.jpg
d0125059_16383530.jpg
ペーパーは松屋という名古屋の珈琲屋さん(昔はすごい珈琲屋さんでしたよ…)の物です。ペーパーがミシンで縫われています。
コーヒーの膨らみに対して、耐えるためにミシンで縫われていますので大変丈夫にできています。
写真のように三角錐にして使用します。
d0125059_1641840.jpg
次にドリップポットですね。このドリップポットはカリタという会社が製造しているとても軽量で使いやすいドリップポットです。
松屋式で淹れるために、極細でお湯を抽出する必要がありますので、お湯が出る先っぽを改造し、お湯が先っぽに流れていく量を減らすために特殊な形状のシリコンをサーバーの中に埋め込んで使用しています。
このドリップポットは改造してもらいましたが、このドリップポットを使用すると他のドリップポットが使いにくくて仕方がないくらいに、素晴らしく改造を施したドリップポットです。
d0125059_16465426.jpg
次はミルです。この手動式のミルも「珈琲サイフォン株式会社」製のコーヒーミルです。このコーヒーミルの素晴らしいところは、とにかく回転がスムーズということと、挽きむらが少ないということと、何より、挽きながら素晴らしい香りが挽いている者を包み込んでいくという大変魅力のあるコーヒーミルです。長年使用していますが、今も絶好調で使用し続けています。
d0125059_16511990.jpg
最後はこれもコーヒーミルです。
このコーヒーミルは「株式会社富士珈機(フジローヤル)」という会社が製造したコーヒーミルです。このコーヒーミルのいいところは、機械式のコーヒーミルの中では一番きれいに均一にコーヒーをひくことができるのではないかと思います。
様々なメーカー製がありますが、私の中ではフジローヤルのR-440が一番ベストな機械式のコーヒーミルだと思います。
本当はそれぞれの道具が、みなそれぞれにこだわりがあって使用していますので、もっと細かくかければよかったのですが、それはこれからの機会に書かせていただこうかと思います。
長年使用してきた大切な宝物です…。
おいしくなーれ!おいしくなーれ!
いつも、これからもこの気持ちとともに優しい気持ちでコーヒーを淹れていければいいな…
そう想いながら、心穏やかになれるコーヒーを淹れていきたいです…。

[PR]

by yasunori1113 | 2008-02-17 17:19 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/7280634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。