人気ブログランキング |

(●^o^●)今日のコーヒーは深煎りのガテマラのカフェオレです。

(●^o^●)今日のコーヒーはカフェオレです。
深煎りのガテマラと美味しい牛乳で作りました。
d0125059_18423169.jpg
もちろんカフェオレであっても手抜きは致しませんよ~~~!(^_-)-☆
珈琲サイフォン株式会社製の手動式ミルで深煎りのガテマラを挽きました。
深煎りのガテマラを手動式のミルで挽くと本当にいい香りがします。
d0125059_1844373.jpg
粗挽きで挽けましたらペーパーの上にコーヒーの粉を入れます。
中央付近に軽く窪みをつけますね。
さあ、1回目の差し湯をしましょう!
d0125059_18452027.jpg
中央部分に丁寧に丁寧に細く細く差し湯していきます。
下からポタポタ出てきましたら外に向かって円を描きながら差し湯していきます。
差し湯が終わりましたら蓋をして3分間蒸らしましょう。
とにかく細く細くです…。サーバーの中にボタボタ溜まるようでは駄目ですからね。
溜まってしまいましたらほとんど捨ててしまってもらっていいですよ。
これはコーヒー粉の表面だけを通ってきたほとんど旨味を含まれていないコーヒー液ですので…。このままでしたら冷めてしまいますし、雑味も入りますから捨ててしまってくださいね。
これは松屋式で1回目の差し湯に失敗した時には必ずしてくださいね。
d0125059_1850577.jpg
蒸らしが完了しました。一粒一粒がしっかりと吸水されて膨らんでいますね。これからが松屋式の抽出の特徴です。
外側から細く細く…丁寧に丁寧に差し湯してくださいね。
下からポタポタ落ちだしましたら中央に向かって円を描くように差し湯してください。
そして、また外に向かって円を描くように…
往復してくださいね。
ここでは必ず細く細くです…
丁寧に丁寧にです。
既定の量の半分まで抽出しましたら、サーバーからコーヒーの粉を外します。
残りの半分は抽出しません。
これが松屋式の特徴なのです。残りの半分は雑味と渋味が抽出されてしまいますので捨ててしまいましょう。
ちなみに味見をしてみるのもいいかもしれませんね。理由がわかりますからね。
さて、ここで抽出したコーヒー液はこのままでは濃すぎて飲むことができません。
しかし、濃縮されて旨味成分がこのコーヒー液の中に溶け込んでいます。
珈琲で飲む場合は残り半分にお湯を足します。
これでちょうど良い濃さのコーヒーが入ります。
旨味成分たっぷりのコーヒーです。
今日は深煎りのガテマラを使ったカフェオレにします。
お湯の代わりに美味しい牛乳を使用します。
d0125059_1857664.jpg
美味しい牛乳と濃いコーヒー液を1:1の割合で混ぜあわせます。
d0125059_1858203.jpg
\(^o^)/はいできました!おいしいおいしいカフェオレの出来上がりです。
コーヒーの香りが香り立つカフェオレですよ。
お店ではなかなかこのようなカフェオレにお目にかかることはありませんね。
砂糖はご自由にお好きなだけお入れくださいね。
珈琲は様々な淹れ方がありますね。
人それぞれ楽しみながら淹れましょう!\(^o^)/

トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/7066990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasunori1113 | 2008-01-24 19:04 | ☆ コーヒー・珈琲 | Trackback | Comments(0)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る