人気ブログランキング |

(^^)娘と山登りに行きました(音羽山 音羽山観音寺<善法寺>奈良県桜井市)その2

その1

あと一息!「音羽山観音寺」がみえてきました\(^o^)

の続きです。(^_-)-

d0125059_23082867.jpg
標高600m

「音羽山観音寺」に到着しました\(^o^)

ゆっくりのんびりと会話を楽しみ、途中のお地蔵さまに手を合わし、看板のイラストに癒されながら登ってきました。

d0125059_23085617.jpg

本堂にはかわいいお人形さんがお出迎え(^_-)-

ここに登ってくるまでも優しさに充ち溢れる看板に癒されながら登ってきましたが、お人形さんの笑顔にまたまた癒されました。

d0125059_23091088.jpg

本堂ではお寺の方と談笑しながら休憩させていただきました。

とても美味しいお茶とお菓子をいただき、ここまでの疲れが一気にどこかにいっちゃいました(^^)v

「お昼御飯はどうされますか?」というおたずねがあり、

「娘のお手製のお弁当を持ってきましたのでそれをいただきますよ(^^)v

と申しますと、

「それなら、このあと展望台まで行かれて下りて来られたら、お汁を用意しておきますからここで食べていったらいいですよ(^^)v

このようにお優しいおことばをいただき、御厚意に甘えてそうさせていただくことにしました。

d0125059_23092646.jpg
d0125059_23210309.jpg
d0125059_23210358.jpg
d0125059_23210335.jpg
随分と長い休息をとって出発です(^_-)-

「音羽山観音寺」から先は舗装されていない登山道になります。

護摩祈祷の「不動堂」と御不動様の横を通り、

「音羽山観音寺展望台近道」→「音羽山観音寺展望台(桜井市最高峰の眺望を楽しめます!)」→「音羽山」山頂へと向かいました。

d0125059_23101266.jpg

途中、このような標識が出てきます。

昨年から、お寺の皆様方が「音羽山観音寺展望台近道」と「音羽山」山頂への道を安全に歩けるようにと整備されたとのことです。

本当にありがたいことです。

感謝の想いを抱き、先に進ませていただきました。

ちなみに、左側の「音羽山山頂」に進まれる方は、倒木とがれ場と沢歩きをしなければなりませんので、防水の登山靴を着用されたほうがいいと思います。

私たちは下山時にこちらのルートを下りてきました。

d0125059_23102400.jpg
d0125059_23241353.jpg
d0125059_23242108.jpg
d0125059_23244452.jpg
「音羽山観音寺展望台近道」は本来ここは熊笹で覆われていたであろう土地を、
歩きやすいようにと少しずつ下草を刈っていただいているので、足元を確認しながらゆっくりと登っていくと、安全に登ることができます。

急なのでゆっくりと登って行きました。

登るに従ってどんどん景色が変わって行くのを目の当たりにすることができます。

d0125059_23111385.jpg
d0125059_23112422.jpg
d0125059_23112983.jpg
d0125059_23114058.jpg
d0125059_23115695.jpg
d0125059_23120477.jpg
d0125059_23121408.jpg

「音羽山観音寺展望台」に到着です\(^o^)

手元の高度計で約721mです!

桜井市最高峰の眺望を楽しめます!

と先に書きましたが、本当に素晴らしい景色です。

空気が澄んでいると、ここから大阪市内を見下ろす事ができるそうです。

明石海峡大橋まで見えるそうです。

天気が良すぎて、私たちははっきりと見ることはできなかったのですが、

なんとなくそこにそのようなものがあるのではないかと思いながら眺めていると、

みえているような気がするのですね。

のんきな人間でよかったと娘ともども笑いながら眺めていました。

娘はリュックをおろし、しばらくずっとその山容を眺めてじっと何かを思っていたようでした…

d0125059_23124064.jpg
d0125059_23124729.jpg

展望台でまたまた長い休憩をとってしまいました。

そして、「音羽山」山頂に向けて出発です\(^o^)

展望台から近道を通って山頂へ向かいます。

近道ではありますが、ショートカットする分、木々の中を急な道を登って行きますので、ゆっくりと一歩ずつ登って行きました。

一気に130mを登り切ります(^^)v

d0125059_23130100.jpg

標識がみえてきました\(^o^)

山頂まであと少しです!

d0125059_23131360.jpg

(^o^)/山頂に到着です。

三角点はすぐに見つかりますので記念撮影しました。

山頂は眺望がとれませんので、水分補給をして出発です!

ここで御年配の方々(約10人ほど)が経ケ塚方面からやって来られました。

本当にお元気な方々でした。

私たちは時間の都合上、ここから下山して遅い昼食を「音羽山観音寺」でとる予定でしたので、経ケ塚方面には行きませんでした。

こちらの団体の皆さんは、展望台のことを知らなかったようで、途中まで私たちが先導して行くことになりました。

そして、「こちらに行くと展望台ですよ」と案内を終わり私たちは沢下りの登山道に向かいました。

d0125059_23133550.jpg
d0125059_23134360.jpg
d0125059_23135287.jpg
d0125059_23140174.jpg

幸い、ここ数日雨が降っていなかったせいで、沢にはわずかな水しか流れていなかったので、注意しながら安全に進むことができました。

娘は初めての沢歩きだったのでちょっぴり緊張しながら歩いていました。

d0125059_23142356.jpg
d0125059_23143196.jpg

「音羽山観音寺」まで下山してきました\(^o^)

お人形さんのお迎えです!

下山してきたのはもう午後3時をまわっていました。

あまりにもゆっくりと展望台でいすぎました(>_<)

d0125059_23144468.jpg
d0125059_23145415.jpg
d0125059_23150324.jpg
d0125059_23151043.jpg

お寺の方に「ただ今戻りました」とお声をおかけすると、

コーヒーとお椀にお汁をご用意してくださいました。

本当にありがとうございました(●^o^●)

美味しいコーヒーをいただき、ホッと一息つきました。

お弁当をひろげいただきます(^^)v

d0125059_23152435.jpg
d0125059_23153026.jpg
縁側にすわっていると、看板に書かれていた猫ちゃんがのんびりと散歩していました。

鶯の美しい声に癒されながらお弁当をいただきました。

ここに座っていると、時間が止まってしまいます。

穏やかな空気に包まれ、心地よく過ごさせていただきました。

d0125059_23154302.jpg
d0125059_23155120.jpg
d0125059_23155974.jpg
d0125059_23160504.jpg
ごちそうになったコーヒーとお汁の椀を洗いに台所に向かった娘を待つ間、
境内に咲く可憐なお花の写真を撮影しました。

何もかも穏やかです・・・。

娘が戻ると、お礼を言って下山いたしました。

d0125059_23162880.jpg
d0125059_23163900.jpg
d0125059_23164786.jpg
d0125059_23165479.jpg
d0125059_23170180.jpg
d0125059_23170961.jpg
d0125059_23171629.jpg
行きと同じ道を下って行きます。

ずいぶん暗くなってきました。

それでも1ヶ月前とは大違いです。

途中、何度か足を止めて、沢に流れる水の音を聴き、谷から吹きあがってくる風を感じ、急がずゆっくりと下りていきました。

途中、お地蔵さんにも手を合わし、無事に登山できたことと、多くの出会いに感謝の気持ちを報告いたしました。

d0125059_23174076.jpg

無事に家に到着です。

ふうちゃんが家の中から飛び出してきました。

帰りを待ちわびていたようです。

遅くなってごめんね(^_-)-


今回の音羽山登山は人の心穏やかさや優しさを心から感じた登山でした。

娘は、靴に少し違和感があったようで、その分いつもよりお疲れでしたが、

それでも途中弱音を吐くことなく、最後まで頑張って歩き続けました。

本当に頑張り屋さんの娘です。

(●^o^●)この子が娘でいてくれて私は本当に幸せ者です。

次はどこに行こうかな~?

(^^)vこの子を連れて、いつかは日本アルプスに登りたいな・・・と夢みています。


トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/21674256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuki at 2015-04-01 00:06 x
今回も楽しい山登りやったね(*'▽')
連れて行ってくれてありがとう‼
いつかは日本アルプスへ(笑)
がんばろう\(^o^)/
Commented by haruya0323 at 2015-04-01 00:34 x
二人ともお疲れ様でした♪( ´▽`)
いい天気だったから、すばらしい景色も見れて絶好の登山日和でしたね!
私も一緒に行きたいです‼︎
by yasunori1113 | 2015-03-31 23:45 | ☆ おさんぽと旅 | Trackback | Comments(2)

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る