人気ブログランキング |

(^^)娘と山登りに行きました(音羽山 音羽山観音寺<善法寺>奈良県桜井市)その1

228日に引き続き、328日に娘と山登りに出かけました。

たった1ヶ月しかたっていないのですが、ポカポカ陽気(●^o^●)

1月前の登山の時は寒くて防寒着を脱ぐことができなかったのですが、今日は早々に入り口近くのバス停で、脱いでしまいました。

だけど、ポカポカ陽気のおかげでたくさん良い思いをしてきました。

今回の登山は前回同様、奈良県桜井市の下地区の聖林寺さんを出発点とし、

「聖林寺」→「崇峻天皇陵」→「下居」→「音羽山観音寺」→「音羽山観音寺展望台近道」→「音羽山観音寺展望台(桜井市最高峰の眺望を楽しめます!)」→「音羽山」山頂→「音羽山登山道(沢下り)ここがちょっと楽しい(^_-)-☆」→「音羽山観音寺」→「下居」→「崇峻天皇陵」→「聖林寺」

というルートで、標高差は約750m

御破裂山より標高差で250mですが、御破裂山より勾配が急なルート。

お向かい同士の山ですが、こちらは急登もあるルートです。

音羽山観音寺より山頂までの登山道は登山靴などの装備をきちんとしていかないと危険ですので、これから山頂目指して登られる方は登山靴は必須ですよ~

さあ!出発です\(^o^)

d0125059_23595354.jpg

聖林寺の手前に流れる寺川。そのすぐ脇に下地区のお地蔵さんがお迎えしてくださいました。

d0125059_23595597.jpg

今回も聖林寺さんを出発点として登山スタートです!

d0125059_23595701.jpg

聖林寺さんの桜のつぼみが膨らみかけていました。

この週末から来週にかけて、満開になることでしょう。

楽しみですね(^_-)-

d0125059_00000005.jpg

今回登る音羽山。山容が美しい。

さすが関西百名山と言われるだけあります。

田んぼの畦の新緑がもう春だということですね。

d0125059_00000280.jpg

「寺川」です。

左の山が今回登る「音羽山」です。

手前の山を登っていくと前回登った「御破裂山」に向かいます。

1ヶ月前に咲いていた梅の花は散り、手前に新しい梅?桃?桜?花がきれいに咲いていました。

d0125059_00013348.jpg

今回もたぬきさんが私たちをお出迎えしてくれました。

隣に真っ白なきれいなお花が満開です。

たぬきさんは毎日このお花を見ることができていいな~

d0125059_00013458.jpg
d0125059_00013320.jpg
d0125059_00013314.jpg

「崇峻天皇陵」です。

鶯の声がとてもきれいで娘とどこで鳴いているのかな・・・

と探していると、木の上で鳴いているのを発見!

きれいな「ホーホケキョ」をありがとう!

d0125059_00030694.jpg
d0125059_00030690.jpg
d0125059_00030644.jpg

「音羽山」の山容の美しさに感動し、遠く西にみえる「二上山」の山容の美しさにも感動し、お花の美しさに癒されながら、楽しいお話をしながら歩きました。

d0125059_00040380.jpg
d0125059_00040363.jpg
d0125059_00040317.png

「下居」のバス停付近に到着です。

「音羽山観音寺」の案内が表示されています。

この後も、春を満喫しながら歩きます。

d0125059_00044512.jpg
d0125059_00044525.jpg
d0125059_00044539.jpg
d0125059_00051306.jpg
d0125059_00051463.jpg
d0125059_00051444.jpg

ここから「音羽山観音寺」までたくさんのほんとうに愛らしい看板が導いてくれます。

道路は舗装されていますが、比較的急な坂が続きますので、看板のいうとおり、のんびりと歩くことが肝要です。

この愛らしい看板をみると、「音羽山観音寺」がいかに優しいお寺なのかということを容易に想像することができます。

d0125059_00061740.jpg
d0125059_00061702.jpg
d0125059_00061708.jpg

「横柿」の山桜がおかしいでしょ!

顔に見えませんか~~~

参道周辺の家々は、お花をたくさん植えられておられ、穏やかな気持ちにさせてくれました。

d0125059_00065162.jpg
d0125059_00065238.jpg
d0125059_00065277.jpg

d0125059_00073795.png
d0125059_00073899.jpg
d0125059_00073862.jpg
ここから登山道になります。

ここからは自動車は入ることができません。

道路を左に登っていくと「音羽山観音寺」から「音羽山」へと続きます。

ここでも愛らしい看板がお出迎え(^_-)-

Welcome」と「ぼちぼちのぼろ~か。」の看板通りぼちぼち登って行きました(●^o^●)

d0125059_00205628.jpg
d0125059_00210743.jpg

d0125059_00084191.jpg

ありのままの自然を大切に・・・

音羽山を登ると心からそのような思いになるものです。

人と自然の共生・・・大切なことだと思います。

d0125059_00092969.jpg
d0125059_00092971.jpg

「音羽山観音寺」までの道中、お地蔵さんや石碑が多く見受けられます。

どのお地蔵さんも私たちが生まれるずっとずっと昔からこの地で、訪れる人々を見守られて来られたのですね。

d0125059_00095214.jpg
d0125059_00095240.jpg
d0125059_00232651.jpg

ときどき立ち休憩を入れながら前に進みました。

娘は相変わらずのタフ娘です!

d0125059_00104969.jpg
d0125059_00104902.jpg
d0125059_00104947.jpg

お寺の少し手前にかかる「無常橋」です。

「なむあみだ~ お寺でみんながまってるよ~

本当にその通りみんなが待っていてくれました!

d0125059_00112627.jpg
d0125059_00112664.jpg
d0125059_00112663.jpg
d0125059_00112682.jpg

「音羽山観音寺」まであと少しです(^^)v

コンクリート舗装された道に人が滑らないように横向きに足形がいっぱいつけられていました。

いろなん足形があるので楽しみながら登ってくださいね!

d0125059_00122417.jpg
d0125059_00122494.jpg
d0125059_00122444.jpg

d0125059_00130007.jpg
d0125059_00130041.jpg
あと一息!「音羽山観音寺」がみえてきました\(^o^)

「ようこそおまいり」の看板。

(●^o^●)和みました。


このあと、その2に続きます(^^)v


動物愛護団体「一般社団法人SORA小さな命を救う会」さんではたくさんのSORAっ子たちが本当のご家族のお迎えを待っています。
SORA小さな命を救う会」さんのホームページをご覧になってくださいね。


トラックバックURL : https://ilikemetoo.exblog.jp/tb/21671509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasunori1113 | 2015-03-31 00:13 | ☆ おさんぽと旅 | Trackback

毎日同じようなことの繰り返しかもしれません。 辛いこと、楽しいこと、大切な想い出を振り返ること… 人は想い出を作り続けるために生きているとずっと思い続けています。 だから、微笑み、喜び、泣き、落ち込む。 それは、次の想い出のためだと信じています。


by メイちゃんとふうちゃんとはなちゃんとりんちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る